人生にゲームをプラスするメディア

米Ciscoが任天堂を買収のターゲットとする可能性は?

News.comが「Is TiVo next on Cisco's push into homes?」という記事の中で、Cisco Systemが任天堂買収を検討するのではないか?と書いています。Ciscoは米国の米大手通信機器メーカーでルータやスイッチなどが主流の製品ですが、電話、ラジオ、ホームシアター機器などリビング向けの製品の拡大を目指す事を年始のInternational CESで発表しています。

ゲームビジネス その他
News.comが「Is TiVo next on Cisco's push into homes?」という記事の中で、Cisco Systemが任天堂買収を検討するのではないか?と書いています。Ciscoは米国の米大手通信機器メーカーでルータやスイッチなどが主流の製品ですが、電話、ラジオ、ホームシアター機器などリビング向けの製品の拡大を目指す事を年始のInternational CESで発表しています。

その流れで先日、ブロードバンドでメディア配信を行う米サイエンティフィック・アトランタを70億ドルで買収するなど積極的に拡大策を進めています。それから各メディアはCiscoが次にどのような企業を狙うかどうか憶測を深めていて、News.comの記事もその1つとなっています。それについてNews.comと同じくCNET Networks傘下のGameSpotが紹介しています。

News.comは任天堂買収を計画しているのではないかと推測する要員として「マイクロソフトがゲーム事業に参入して存在感を確保している」ことや「ゲームはブロードバンド製品にとって重要な市場となっている」ことなどを挙げています。ただしNews.comはこれらの記事について推測であり、何かしらの兆候が認められるものではないと断っています。

実際に買収することとなると時価総額が2兆円を優に超える規模であることや、山内氏という筆頭株主の存在、自社保有のうちは議決権はないものの10%近い自社株の存在などから少なくとも敵対的な買収は困難であることが考えられます。まあ、名前が挙がるってことは魅力ある企業ってことなのでしょうね。
《土本学》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 「2021年最も活躍したと思うゲーム実況者は?」第1位に輝いたのはあの“インターネットヒーロー”!

    「2021年最も活躍したと思うゲーム実況者は?」第1位に輝いたのはあの“インターネットヒーロー”!

  2. はんじょう&愛の戦士がMCを務める「Red Bull Play」番組始動!ー第1回目は「よしなま」が『ELDEN RING』に挑戦

    はんじょう&愛の戦士がMCを務める「Red Bull Play」番組始動!ー第1回目は「よしなま」が『ELDEN RING』に挑戦

  3. 【Sales INSIDE】 年末商戦を占う(その1):据置機の場合

    【Sales INSIDE】 年末商戦を占う(その1):据置機の場合

  4. SonicSYNCは『プロセカ』をどう進化させたのか―低遅延やリッチなサウンドに挑み続ける開発者の「こだわり」

  5. 見落としや煩雑さが激減し、プロジェクト進捗管理が円滑に――『コトダマン』制作過程における「SHOTGUN」導入事例【CEDEC 2018】

  6. SCi、買収提案を拒否―ワーナーの元での自力再建へ

  7. 【昨日の人気記事チェック】任天堂、5月のバーチャルコンソール配信タイトルを公開(4月27日)

  8. 【Sales INSIDE】第3回 初動率ってなんだ

  9. テクモ組織変更、ゲームプロダクションを再編

  10. 【カジュアルコネクトアジア2013】東南アジア7カ国のゲーム開発者が激論!Game Networking Asia 2013のパネルディスカッション

アクセスランキングをもっと見る