人生にゲームをプラスするメディア

週間ゲームソフト&ハード販売ランキング 2005年11月21日-27日

ゲームビジネス その他

今年も年末商戦がスタートし各社から新作ソフトが次々発売される中、速報の通りDS『おいでよ どうぶつの森』が約32.5万本を売り上げ堂々の1位にランクインしました。これに伴いニンテンドーDS本体も約13.2万台を売り上げほぼ先週の倍となっています。2位にはGC『NARUTO-ナルト−激闘忍者大戦!4』(約12.2万本)、3位と6位にはGBA『ロックマンエグゼ6 電脳獣グレイガ/電脳獣ファルザー』(約10.7万本/約6.5万本)などの人気シリーズ最新作がそれぞれランクインしています。

※は週間ゲームソフト・ハード売り上げを独自に累計したものです。尚、ハードは2005年分の累計となります。

ソフト

順位 前回 機種 タイトル 発売元 発売日 週間販売本数 ※累計販売本数
1 DS おいでよ どうぶつの森 任天堂 2005/11/23 325,466 325,466
2 GC NARUTO-ナルト- 激闘忍者大戦! 4 トミー 2005/11/21 122,322 122,322
3 GBA ロックマン エグゼ6 電脳獣グレイガ カプコン 2005/11/23 107,099 107,099
4 PS2 ソウルキャリバーIII ナムコ 2005/11/23 106,920 106,920
5 PS2 ラチェット&クランク4th ギリギリ銀河のギガバトル(限定版含む) SCE 2005/11/23 85,487 85,487
6 GBA ロックマン エグゼ6 電脳獣ファルザー カプコン 2005/11/23 65,560 65,560
7 3 GBA ポケモン不思議のダンジョン 赤の救助隊 ポケモン 2005/11/17 57,143 170,041
8 PS2 戦神 -いくさがみ- 元気 2005/11/24 52,547 52,547
9 2 DS ポケモン不思議のダンジョン 青の救助隊 ポケモン 2005/11/17 50,309 173,865
10 1 PS2 機動戦士ガンダムSEED 連合vs.Z.A.F.T. バンダイ 2005/11/17 42,427 340,791


ハード

順位 機種 発売元 週間販売台数 ※累計販売台数
1 ニンテンドーDS 任天堂 132,012 2,477,025(1,286,074)
2 プレイステーションポータブル ソニー 51,196 1,755,375(352,295)
3 プレイステーション2 ソニー 27,545 1,866,580
4 ゲームボーイミクロ 任天堂 7,594 353,924
5 ゲームボーイアドバンスSP 任天堂 5,709 724,951
6 ゲームキューブ 任天堂 5,130 *217,202
7 ゲームボーイアドバンス 任天堂 241 *626,809
8 Xbox マイクロソフト 128 11,993
()は2004年累計 *は2005年分を近々再集計予定

メディアクリエイト調べ
《クリ坊》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. メサイヤ、全ゲーム著作権をエクストリームに譲渡 ― 『超兄貴』『重装機兵』『ラングリッサー』シリーズなど

    メサイヤ、全ゲーム著作権をエクストリームに譲渡 ― 『超兄貴』『重装機兵』『ラングリッサー』シリーズなど

  2. 『モンハン:ワールド』発売停止も影響か?テンセント株が大幅下落―時価総額は15億ドル減少

    『モンハン:ワールド』発売停止も影響か?テンセント株が大幅下落―時価総額は15億ドル減少

  3. 中国当局のゲーム販売認可機関が承認を凍結―日本のゲームメーカーにも影響

    中国当局のゲーム販売認可機関が承認を凍結―日本のゲームメーカーにも影響

  4. Unreal Engineのオンライン学習サイトが登場!誰でも無料で利用可能

  5. アジアオリンピック評議会が「e-Sports」を競技種目に―2018年「アジア競技大会」から本格デモ導入

  6. グリー、中国拠点の撤退を決定

  7. 『マリオカート アーケードグランプリ2』稼動スタート!

  8. 【フェスティバル・オブ・ゲームス】オランダでシリアスゲーム制作に携わる日本の交換留学生

  9. フランス取材で見た社会的活用が進むシリアスゲーム

  10. 【CEDEC 2012】「Too Japanese」な日本ゲームは海外で評価されないのか ― 『GRAVITY DAZE』ヒットの理由

アクセスランキングをもっと見る