人生にゲームをプラスするメディア

Wi-Fi対応『トニーホーク アメリカン・スケートランド』インタビュー

任天堂 DS

PlanetGameCubeにてサードパーティとして始めて「ニンテンドーWi-Fiコネクション」に対応することになる『トニーホーク アメリカン・スケートランド』を開発したVicarious Visionsへのインタビューが掲載されています。簡単に紹介したいと思います。

Dan Wallace氏はプロデューサー、Karthik Bala氏はCEOです。

――Wi-Fi対応は遅くに決定されたそうですが、大変でしたか? また任天堂はどのようなサポートをしてくれたのでしょうか? 最後にオンラインをどのように遊んで欲しいか聞かせてください

Dan Wallace: 私はゲームを買った全ての人がオンラインで遊ぶ事を望んでいます。そうしない理由はありません。サービスは無料で、数万のホットスポットが世界中にあります。アメリカでは6000以上があります。

Karthik Bala: 英国では7500だそうです。

Dan Wallace: もしゲームを買ったならホットスポットに向かって無料で繋げることができます。ちょうどメニューで2、3のボタンを押すだけでオンラインになることができるのです。直ぐに、そして簡単に他のプレイヤーとの大勝負を体験できます。私は誰もがこれを体験することを望み、誰もが楽しむことを期待しています。

私達はこれをサービス開始から始めたいと切に思っていました。これを実現するためには多くの人々の最高の努力を必要としました。質の高い私達のスタッフや一緒に仕事をした任天堂の存在がなければ、これは不可能だったでしょう。私達は多くを背負っています。

Karthik Bala: これは本当のコラボレーション体験でした。私達は任天堂オブアメリカや任天堂(日本)の人々と共に仕事をし、日曜日の深夜まで議論していたこともあります。これは新しく今までにない技術で、時間が限られ問題が山積でも、全てが可能であると信じてやってきました。

トニーホークとマリオは最初の2つになりました。これが始まりです。そしてこれは本当に刺激的です。私は私達が何をしたいのか誰もが理解していたことが開発チームを勇気付けたと思います。これはとても難しいですが、良い経験でした。多くの徹夜がありました。しかし結果は生まれました。私達はゲークーがこれを楽しんでくれることを切に願っています。
《土本学》

任天堂 アクセスランキング

  1. 『スプラトゥーン2』の「ハイパープレッサー」、前夜祭と製品版では一部仕様が変更

    『スプラトゥーン2』の「ハイパープレッサー」、前夜祭と製品版では一部仕様が変更

  2. 【特集】『スプラトゥーン2』発売日レポート in ポーランドー欧州のイカ人気は如何に?

    【特集】『スプラトゥーン2』発売日レポート in ポーランドー欧州のイカ人気は如何に?

  3. 任天堂が欧州でニンテンドウ64コントローラーの商標を出願―「ミニニンテンドウ64」への期待高まる

    任天堂が欧州でニンテンドウ64コントローラーの商標を出願―「ミニニンテンドウ64」への期待高まる

  4. 『スプラトゥーン2』amiiboでもらえる制服や忍者ギアの情報が公開、前作の特別なギアも!

  5. 【読者アンケート】『スプラトゥーン2』休暇を取った人いる?

  6. 「ミニ スーパーファミコン」予約状況や発売時期、収録タイトルなど現時点での情報まとめ

  7. 「『ドラクエXI』が楽しみすぎる人たち」なCMに中村勘九郎や唐沢寿明などが出演─“ドラクエ”エピソードも披露

  8. 『スプラトゥーン2』初回の「サーモンラン」募集は15時から!

  9. このビッグウェーブを見過ごすな! 『スプラトゥーン2』発売後3日間は「サーモンラン」の募集が高頻度に

  10. 『スプラトゥーン2』一部のギアパワー情報が公開、「スペシャル性能アップ」「相手インク影響軽減」など

アクセスランキングをもっと見る