人生にゲームをプラスするメディア

欧州任天堂Jim Merrick氏インタビュー

ゲームビジネス その他

ドイツ2位の発行部数を誇る新聞FAZに任天堂オブヨーロッパのJim Merrick氏のインタビューが掲載されていたそうです。任天堂の今までの発言と特に変わった部分はありませんが、非常に積極的な言葉を使っているように感じます。

ハードウェアは無関係

ソニー、マイクロソフト、そして任天堂がいずれも次世代機を用意していますが任天堂は他の2社とは異なる道を選択しています。Merrock氏は言います「私達は新しいユーザーの扉を開ける、新しい技術ではなくて」。任天堂はゲーム会社本来に立ち戻ろうとしています。

「任天堂は娯楽会社で、映画撮影所は持っていませんし、ハードメーカーでもありません。確かにレボリューションはDVDを再生できますが、重要な機能ではありません。私達は今までにないよりよいインタラクティブエンターテイメントを提案します。しかしこれはハードの力は無関係です。これは全てゲームに関連します」

平均的な人はいない

Merrick氏はゲーム産業の問題について「平均的な人は今日、ゲームを遊んでいません。ゲーマーと言えば誰もがポテトチップを食べながらコーラを飲む青白いティーンエイジャーを思い浮かべます。そうであるべきではありません」と述べています。新規ユーザーの獲得の好例は『Nintendogs』です。Merrick氏は日本では購入ユーザーの半数が女性で、購買層も大きく広がったことを引用します。

レボリューションはXbox360より安く

「私達はゲーム市場が価格に敏感であることを知っています、特にマスマーケットを狙うならば。私はレボリューションがXbox360の400ユーロより安くなることを強く望みます」Merrick氏はこの高い価格はHDTVサポートの影響と言います「その利益を享受できるのは極僅かなユーザーだけです。私達はそれをやりません」

しかしオンラインはXboxに続きます。「任天堂もオンラインコミュニティを構築します。しかし私達は有料化して、その顧客だけに価値あるサービスを提供するような過ちは犯さないつもりです。マリオカートでオンラインサービスが始まれば、ゲーマーはそれを無料で利用することができます」
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. ニンテンドースイッチ版『RiME』にシリコンスタジオの「Enlighten」を初採用─絵画のように美しい世界を豊かに演出

    ニンテンドースイッチ版『RiME』にシリコンスタジオの「Enlighten」を初採用─絵画のように美しい世界を豊かに演出

  2. 今週発売の新作ゲーム『逆転裁判4』『MONSTER OF THE DEEP: FINAL FANTASY XV』『初音ミク Project DIVA Future Tone DX』他

    今週発売の新作ゲーム『逆転裁判4』『MONSTER OF THE DEEP: FINAL FANTASY XV』『初音ミク Project DIVA Future Tone DX』他

  3. 建築ビジュアライゼーションにも活用される『Enlighten』-ゲーム開発技術との関連性は?ヒストリア代表に訊く

    建築ビジュアライゼーションにも活用される『Enlighten』-ゲーム開発技術との関連性は?ヒストリア代表に訊く

  4. 「alive2017」定員を300名から350名に変更し、11/20 18時より先着順で2次募集を開始

  5. サウジアラビアの“ミスク財団”とスクエニ・グループが覚書締結

  6. ゲーム会社の歴史が一目瞭然の「ゲーム会社フローチャート」

  7. ゲーム開発者の平均年収は「539万円」─据置型ゲーム機従事者が増加傾向、スマホ従事者は3年連続の減少

  8. 今週発売の新作ゲーム『マーベルVS. カプコン:インフィニット』『ポッ拳 POKKEN TOURNAMENT DX』『Project CARS 2』他

  9. 【レポート】『ガンダムVR』で感じた恐怖と興奮…ガンダムの手に乗り、ザクに襲われる

  10. 国内ゲーム人口は4,336万人、家庭用ゲーム機所有者数も明らかに ― 2016CESA一般生活者調査報告書

アクセスランキングをもっと見る