人生にゲームをプラスするメディア

「トイザらスカーニバルinとしまえん 2005」会場レポート

ゲームビジネス その他

10月8〜10日にとしまえんにて行われた「トイザらスカーニバルinとしまえん」。毎年恒例のイベントで、任天堂の年末の期待作がプレイできる穴場なスポットになっています。今年もその例に漏れず、『マリカーとDS』『おいでよどうぶつの森』といった期待作がプレイできました。

『マリオカート DS』のインプレッションはこちら
『おいでよどうぶつの森』のインプレッションはこちら


任天堂ブース。去年と同じ位置にありました。基本構成も去年とほぼ同じで、ブース真ん中の巨大スクリーンのあるエリアでは、ゲーム大会などのイベントが行われ、その合間にはスクリーンに新作ゲーム紹介が流されていました。


こちらは『マリオカートDS』の体験コーナー。4人で対戦プレイも出来ました。土曜日に行ったときは結構すいていたのですが、月曜日に行ったときはかなり混んでいて、いつでも行列が耐えない人気でした。


『おいでよ どうぶつの森』体験コーナー。通信プレイも体験できるようになっていました。


マリオさん、ルイージさん、ピーチさん、ドンキーさんも出勤中。


去年はドンキーだったお面ですが、今年はマリオとルイージに。お面をつけている子供たち多数でした。

さて、来年はどんなゲームが遊べるのでしょうか。今から期待が膨らみます。
《OKOK》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 建築ビジュアライゼーションにも活用される『Enlighten』-ゲーム開発技術との関連性は?ヒストリア代表に訊く

    建築ビジュアライゼーションにも活用される『Enlighten』-ゲーム開発技術との関連性は?ヒストリア代表に訊く

  2. 日本初のチーム対戦フィールドVR『攻殻機動隊 ARISE Stealth Hounds』がVR ZONE SHINJUKUに登場

    日本初のチーム対戦フィールドVR『攻殻機動隊 ARISE Stealth Hounds』がVR ZONE SHINJUKUに登場

  3. ニンテンドースイッチ版『RiME』にシリコンスタジオの「Enlighten」を初採用─絵画のように美しい世界を豊かに演出

    ニンテンドースイッチ版『RiME』にシリコンスタジオの「Enlighten」を初採用─絵画のように美しい世界を豊かに演出

  4. 米ゲーム業界誌「Game Developer Magazine」が7月で廃刊

  5. 今週発売の新作ゲーム『逆転裁判4』『MONSTER OF THE DEEP: FINAL FANTASY XV』『初音ミク Project DIVA Future Tone DX』他

  6. 【インタビュー】もっと気楽に「SHOTGUN」を―ドリコムによる導入事例を訊く

  7. ドン・キホーテでVR動画スターターセットが先行発売! DMMで使える動画ポイント付き

  8. 【CEDEC 2014】毎年3000万円を稼ぐサイバーコネクトツーの広報宣伝部、ファンを増やす好循環の作り方

  9. カプコン、インドネシアのモバイルゲーム事業に本格参入 ― 今後は東南アジアでの展開も視野に

  10. 「ゾイド」VRデモ、ワンフェス2016冬に出展決定…実物大の「シールドライガー」が見られる

アクセスランキングをもっと見る