人生にゲームをプラスするメディア

アトラスが不採算見込みの数タイトルを開発中止に

ゲームビジネス その他

アトラスは26日、家庭用ゲーム機事業において、健全な収益体制を構築するために、不採算が見込まれる幾つかのタイトルの開発中止を決定したことを発表しました。また今後の販売が見込まれない在庫についての評価減も合わせて行い、特別損失として6億9300万円を計上しています。

開発中止となったタイトルは公表されてないため不明です。ニンテンドーDS向けに発表されていたタイトルは発売日が決定している『スノボキッズパーティ』を除くと、『人生ゲーム』・『真・女神転生DS』・『チョロQ DS』の3タイトルがありますが、発表から長い時間が経っているにも関わらず続報がないので、これらが含まれている可能性は高いと言えそうです。

アトラスはタカラの子会社となっていますが、タカラはトミーとの統合を決定していて、今後の動向が注目されます。
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 美少女とVRリズムアクションを楽しめる『エアトーン』がハウステンボスに登場、4月28日より

    美少女とVRリズムアクションを楽しめる『エアトーン』がハウステンボスに登場、4月28日より

  2. ポケモンが現実世界と仮想世界を繋いでいく、20年目の挑戦・・・株式会社ポケモン代表取締役社長・石原恒和氏インタビュー

    ポケモンが現実世界と仮想世界を繋いでいく、20年目の挑戦・・・株式会社ポケモン代表取締役社長・石原恒和氏インタビュー

  3. 【めざせクリエイター! Shadeで始める3DCG】第7回:3Dモデリングを教わってみた:Shade11実践編

    【めざせクリエイター! Shadeで始める3DCG】第7回:3Dモデリングを教わってみた:Shade11実践編

  4. インディゲームの祭典「A 5th of BitSummit」出展者97組が決定!

  5. タカラトミー、ユージンをTOBで完全子会社化―上場廃止へ

  6. 【CEDEC 2012】「クラウドゲーミング」って美味しいの?ユビタスがメリットと課題を整理

  7. 任天堂、米国の小売向けソリューションを提供するSIRAS.comをInCommに売却

  8. アジアオリンピック評議会が「e-Sports」を競技種目に―2018年「アジア競技大会」から本格デモ導入

  9. 【P.D.M タケヤリマン編】第2回 ポイソフトのデザイナー北郷「べ、ベルトコンベアーが……」

  10. 【CEDEC 2010】果たして3日間でゲームは作れるのか

アクセスランキングをもっと見る