人生にゲームをプラスするメディア

任天堂が日経優良企業ランキングで15位に

ゲームビジネス その他

日本経済新聞社が20日に発表した2005年度日経優良企業ランキングによれば任天堂は昨年の6位から順位を下げて15位となったそうです。ゲーム関連ではスクウェア・エニックス(13位)やソニー(55位)、コーエー(75位)、ドワンゴ(109位)などがランクインしています。

これは財務データから総資産、売上高、一人当たり利益、株主資本回転率、手元流動性比率、有利子負債比率、従業員伸び率、売上高伸び率などを「規模」・「収益性」・「安全性」・「成長力」の4つの要素に集約してそれぞれ平均50点、最高100点となるように集計したものです。

任天堂はこのランキングの常連で、1998年に4位、1999年に1位、2002年に1位などにランクインしています。

任天堂は順位を下げていますが総合得点では昨年よりも2ポイント上昇しています(928→930)。内訳では安全性が下がり(100→97)、収益力が上がり(61→72)、成長力が横ばい(39→39)、規模が下がって(81→73)います。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【特集】マリオカートやエヴァ搭乗をVRで楽しめる「VR ZONE SHINJUKU」オープン─利用方法は? 要予約なの? まとめてご紹介

    【特集】マリオカートやエヴァ搭乗をVRで楽しめる「VR ZONE SHINJUKU」オープン─利用方法は? 要予約なの? まとめてご紹介

  2. 7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

    7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

  3. 『シェンムー』聖地巡礼ガイドマップを制作した横須賀市にインタビュー! 担当者ふたりの情熱がファン垂涎のアイテムを作り上げた【特集】

    『シェンムー』聖地巡礼ガイドマップを制作した横須賀市にインタビュー! 担当者ふたりの情熱がファン垂涎のアイテムを作り上げた【特集】

  4. 【プレイレポ】アイテムを使うだけでも楽しい!『マリオカート アーケードグランプリVR』の臨場感が桁外れ

  5. 今週発売の新作ゲーム『ストリートファイターV アーケードエディション』『マリオ+ラビッツ キングダムバトル』『死印』他

  6. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  7. 任天堂ミュージアムに行ってきました!

  8. 2016年米国ゲーム市場の74%が「ダウンロード購入」―ESA報告

  9. 【プレイレポ】想像してた“気を溜める”ってまさにコレ!『ドラゴンボールVR 秘伝かめはめ波』が地面を抉る迫力ぶり

  10. 体感型筐体「VR センス」がいち早くプレイできる店舗が登場、『超 真・三國無双』など対応タイトルも発表

アクセスランキングをもっと見る