人生にゲームをプラスするメディア

【東京ゲームショウ2005】DSの開発機も置かれた、メトロワークスブース

「Code Warrior」というゲーム開発の為の総合環境を提供しているメトロワークスのブースが初日のビジネスデイだけで設置されていました。ゲーム開発が複雑化すると同時に、複数プラットフォームで提供されることが増えていて、このようなソフトの重要性は高まっています。

ゲームビジネス その他
「Code Warrior」というゲーム開発の為の総合環境を提供しているメトロワークスのブースが初日のビジネスデイだけで設置されていました。ゲーム開発が複雑化すると同時に、複数プラットフォームで提供されることが増えていて、このようなソフトの重要性は高まっています。

メトロワークスは米国の会社ですが、日本でも販促に力を入れていて、ブースには「Code Warrior」を利用して開発された作品が並んでいます。任天堂の『応援団』や『脳を鍛えるDSトレーニング』などもその1つです。「Code Warrior」はプログラムを書いて、それを接続した実機で実行して、そしてバグを取り除いていく作業を一括して行えるソフトで、ブースではニンテンドーDSとゲームキューブ版が実機に繋がれて展示されていました。

もちろん実際にプログラムを変更したりが可能な状態でした。PCの側で実行操作を行うと、コンパイル(書いたプログラムをゲーム機で実行可能な状態にすること)が始まり、繋がれたDSの方でゲームが実行されます。そこにあったのはDSで動いている『ヨッシーストーリー』でした。以前GBAでもありましたが、ニンテンドーDSのSDKにもこのデモが収録されていたようです。綺麗に動いていましたよ。

例えば実行してみると、どこかにバグがあるということが判明した場合は、プログラムを実行する前に、めぼしい場所にブレークポイントを設定しておき、実行した場合にその時点での変数の様子などをチェックするといったこともできます。プログラムをされる方は、マイクロソフトのVisual StudioなどのIDEを思い浮かべて貰えればいいと思います。

もちろん任天堂ハード以外の製品も置かれていました。
《》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 今、e-Sportsは富山がアツいーキーマンとなる堺谷陽平氏とCygames森慶太氏に聞く、地域振興としてのe-Sportsとは

    今、e-Sportsは富山がアツいーキーマンとなる堺谷陽平氏とCygames森慶太氏に聞く、地域振興としてのe-Sportsとは

  2. ゲームと映画から考える海外と日本の感性の違いとは・・・黒川塾(19)

    ゲームと映画から考える海外と日本の感性の違いとは・・・黒川塾(19)

  3. 【特集】ゲーマーのための「PayPal」ガイド―使い方や登録方法を解説!

    【特集】ゲーマーのための「PayPal」ガイド―使い方や登録方法を解説!

  4. マーベラス、PS Vita向けF2P『ハイスクールD×D NEW FIGHT』を発表、他にも新規IPやワールドワイド向けタイトルを進行

  5. 異議なし!映画「逆転裁判」DVD&Blu-rayが充実の収録内容で発売 ― 巧 舟インタビューも掲載

  6. 「米つかみ」トレーニングでゲームがプレイしやすくなる?ケイン・コスギ氏インタビュー─アパレルブランド チャンピオンe-Sportsウェア発売イベント

  7. Nintendo Switchは真のeスポーツの扉を開けた【オールゲームニッポン】

  8. 【GDC 2013】『シムシティ』のエンジニアが語る「サンドボックスゲーム」の作り方

  9. ゲームボーイ版『マインクラフト』はこんな感じ?―レトロ愛が伝わるファンメイド映像が公開

  10. ウェブテクノロジ、新生「OPTPiX SpriteStudio」を発売・・・2Dアニメーション作成ツールの定番

アクセスランキングをもっと見る