人生にゲームをプラスするメディア

【東京ゲームショウ2005】マイクロソフトブース Xbox360大披露

ゲームビジネス その他

Xbox360一色のマイクロソフトブースのレポートをお届けします。
会場に入ってすぐのところに、白と緑の鮮やかな色使いで大きなブースを用意した、マイクロソフト。気合がかなり入っています。

真ん中にはXbox360のゲーム映像が常に上映されているXbox360シアターがあり、その回りをプレイアブルなゲームが用意されています。一つのゲームに対し3台ほどのXbox360がありました。

一つだけ他のゲームとは扱いが違うものがありました。それがFinal Fantasy XIでした。特設のスクリーンと体験ゾーンが用意されており、数多くの方が遊んでいました。既に多機種で発売されているゲームとはいえ、人気は根強いものがあります。

実際のゲーム以外には数多くの周辺機器やパネルが展示されていました。ブース全体が明るく非常に見やすい作りとなっていました。

プレイアブルで出展されていたゲームは以下の通りです。
(●=12/10本体と同時発売)

コール・オブ・デューティー2
テストドライブ:アンリミテッド
ニード・フォー・スピード モスト・ウォンテッド(仮称)
デッドライジング
真・三国無双4 Special
ファイナルファンタジーXI
クロムハウンズ
WORLD AIRFORCE(仮称)
●Ridge Racer 6
●エム 〜エンチャント・アーム〜
NINETY-NINE NIGHTS
●エブリパーティ
カメオ:エレメンツ オブ パワー
レッスルキングダム

映像出展された作品は以下の通りです(プレイアブルで紹介したものは除きます)
NBAライブ2006
バイオハザード5
首都高バトル(仮)
ランブルローズXX(仮)
ソニック・ゼヘッジホック
Saints Row
The Outfit
●DEAD OR ALIVE 4
●フレームシティ
天外魔境ZIRIA -遥かなるジパング-
BOMBERMAN -Act Zero-
機動戦士ガンダム(仮)
PGR 3-プロジェクト ゴッサム レーシング3-
●トム・クランクシリーズ ゴーストリコン アドバンスウォーファイター

上記以外にも
●テトリス ザ グランドマスターエース

は出展されていませんでしたが、同時発売となっています。

実際に遊んでみた印象ですが、まずコントローラーが非常にしっくりと手におさまり大変持ちやすいです。Xboxと大きな差はないのですが、かなり改善されています。ゲームキューブのコントローラーと似たような感覚があり好印象です。

ゲームソフトに関してはいくつか遊んでみましたが、出来がまだ完全ではないものもあり、評価はなかなかしづらいです。個人的にはレッスルキングダムがプレイアブルの物の中では、非常に操作性もよく、まとまっていた思います。逆に期待していたRIDGE RACER 6に関してはXbox 360だからこその圧倒的なグラフィック!という印象は受けませんでした。

全体的にグラフィックが凄い!と思ったのは映像出展していたいくつかの作品のみでした。しかし、数多くの種類のゲームが作られており、誰にでも遊びたいソフトが一本は見つかるかと思います。

《》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 今週発売の新作ゲーム『グランツーリスモSPORT』『サイコブレイク2』『巨影都市』他

    今週発売の新作ゲーム『グランツーリスモSPORT』『サイコブレイク2』『巨影都市』他

  2. 【レポート】日本文化がパリを熱くさせた!ゲームやアニメが目白押しのJapan Expo会場レポ

    【レポート】日本文化がパリを熱くさせた!ゲームやアニメが目白押しのJapan Expo会場レポ

  3. 【インタビュー】TGS2017では異色の出展社?!ゲームユーザーのためのPayPalの「覚悟」とは

    【インタビュー】TGS2017では異色の出展社?!ゲームユーザーのためのPayPalの「覚悟」とは

  4. 【DEVELOPER'S TALK】『ドラッグ オン ドラグーン』のスタッフが再集結!PS3とXbox360で異なる主人公を描いた『ニーア レプリカント/ニーア ゲシュタルト』に迫る

  5. 【TGS2017】ロボの起動スイッチはスカートの奥?『十三機兵防衛圏』『ドラゴンズクラウン・プロ』ステージレポ

  6. 『鉄拳7』が英国初登場1位!―シリーズ作として『鉄拳3』以来

  7. 日本初のVR専門の教育機関が開校、3ヶ月の実践学習がスタート─入学金、授業料は“無料”

  8. Nintendo Switchは真のeスポーツの扉を開けた【オールゲームニッポン】

  9. 【GDC2011】伝説の開発者が語る『ピットフォール!』誕生秘話

  10. 【インタビュー】もっと気楽に「SHOTGUN」を―ドリコムによる導入事例を訊く

アクセスランキングをもっと見る