人生にゲームをプラスするメディア

【インプレッション】ゾイドフルメタルクラッシュ(GC)

任天堂 その他

ゾイド フルメタルクラッシュ

アーケードで展開されている「ゾイドインフィニティ」とは全く異なる2次元式格闘ゲーム。今回の展示においては各試遊台にコントローラが2つすえつけられているので、対コンピュータ戦・プレイヤー戦ともに体験が可能です。

システムとしては二次元格闘ゲームの形式をとっていますが、単純なワンライン式ではなく、三次元のフィールド上でスティック上下の入力で手前や奥に移動することが可能。スティックを上下どちらかに入力し続けることで相手の周囲を回りこむように移動する事ができます。

<各操作ボタン>
スティック←→ 前進・後退
スティック↑↓ 奥に移動・手前に移動

A 物理攻撃(ひっかく、蹴る)
B デフォルト武装での射撃(はじめからゾイドについていて、外せない武器。)
X EX技発動開始
Y カスタマイズで付けた武器での射撃
L 使用せず
R ジャンプ
十字キー(メニュー画面でのカーソル操作)、移動、B+十字でダッシュ


対戦前に、何本勝負で勝敗を決するか、一回の対戦時間などが設定可能。
攻撃を命中させる度に上昇するゲージを100%まで溜めた上体でXを押すとEX技の発動状態に入り、そこからA/B/Yの各ボタンに対応したEX技を繰り出します。ビット+ライガーゼロ系で試したときはアニメでも必殺技として多用されたストライクレーザークローでした。

実際にプレイしてみた印象ですが、まだかなりのバランス調整を必要としている気がします。なにが変に感じたかと言うと、デッドリーコング等のパワー系の破壊力がずば抜けて高い割にライガーゼロ・イェーガーなど高速系のウリとなる要素があまり感じられないということです。実際にパワー系を使ってみてもわかりますが、近接系攻撃を繰り出すだけでも意外と簡単に倒せてしまいます。ゾイドの代表格としての地位を確立しつつあるライガー系、特にゼロに大分数を裂いている割にはちょっとどれも能力が中途半端という印象が否めません。特に、前述のイェーガー(高速タイプ)は。

以下が今の所確認されている各アニメ作品からの登場キャラクターと登場ゾイドです。キャラクターとゾイドの組み合わせは基本的に「インフィニティ」同様に自由になっています。うろ覚えなので実はもっといるかもしれません。あと隠しキャラ、隠しゾイドはあるようです。ストーリーでも中核クラスのキャラが大分まだ出てないようなので増えることに期待したいところです。デススティンガーとヒルツもいたと思うのですがちょっと確証がありません。ジェノブレイカーがいることですし、おそらくレイヴンは出ると思われますし、特に/0からはもっとキャラクターがいたと思います。........専用ゾイドじゃなくてもいいんですからコトナさん出しませんか?


登場作品 登場キャラ 登場ゾイド
ZOIDS バン・フライハイト ブレードライガー
フィーネ・エレシーヌ・リネ ジェノザウラー
アーバイン ジェノブレイカー
ムンベイ アイアンコング
・リヒャルト・シュバルツ セイバータイガー
リーゼ ディバイソン
/0 ビット ライガーゼロ
ハリー・チャンプ ライガーゼロ・シュナイダー
ライガーゼロ・イェーガー
ライガーゼロ・パンツァー
バーサーク・フューラー
エレファンダー
フューザース RD ライガーゼロ・フェニックス
ブレード 凱龍輝
ジェネシス ルージ ムラサメライガー
レ・ミィ デッドリーコング
ガラガ

《土本学》

任天堂 アクセスランキング

  1. ゲオ、ニンテンドースイッチの抽選販売をアプリ上で実施─店頭での一般販売・抽選販売は期間限定で取りやめ

    ゲオ、ニンテンドースイッチの抽選販売をアプリ上で実施─店頭での一般販売・抽選販売は期間限定で取りやめ

  2. 【特集】『スプラトゥーン2』初心者にはこのブキがオススメ!使いやすいブキ8選

    【特集】『スプラトゥーン2』初心者にはこのブキがオススメ!使いやすいブキ8選

  3. あの『マインクラフト』がNewニンテンドー3DSに登場!『Minecraft New Nintendo 3DS Edition』配信開始

    あの『マインクラフト』がNewニンテンドー3DSに登場!『Minecraft New Nintendo 3DS Edition』配信開始

  4. 『ポケモン ウルトラサン・ウルトラムーン』の予約受付が開始―アローラフォトクラブなど新要素もりだくさん

  5. 『マリオカート8 デラックス』初心者ドライバーが勝つための8つのポイント

  6. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  7. ニンテンドースイッチ本体にファミコン版『ゴルフ』が隠されていることが判明!―故・岩田聡氏の命日にのみ起動可能

  8. 『project OCTOPATH TRAVELER』体験版プレイユーザーを対象としたアンケートサイトが公開

  9. 【特集】『ゼルダの伝説 BotW』勇者のためのライフハック!冒険がちょっと楽しくなる6項目

  10. 【TGS2017】日本ゲーム大賞発表!大賞は『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』

アクセスランキングをもっと見る