人生にゲームをプラスするメディア

マリオ生誕20周年: マリオとの出会い

ゲームビジネス その他

出会いは大半の人と同じで、一本のファミコンソフトから始まりました。単品のゲームソフトとしては世界で一番売れたソフト「スーパーマリオブラザーズ」ここから始まりました。

横に「進む」という概念、地下・海・空中といろいろな場所で冒険を繰り広げられ、そしてお姫様を助けにいくというシチュエーション。また、この世界が絶妙な難易度で作られているのです。

リフトでどうしてもタイミングが取れずに落ちたり、ジュゲムから落ちてくるトゲゾーの攻撃をよけようとして落ちたり、ハンマーブロスに何度も進路を止められたり。最初はもう無理!と思って投げ出しそうになっても、挑戦することによって突破できる。この快感を何度も味わいました。

また、当時は気軽にゲームも買えず一本のゲームで遊ぶ時間が長いため、自然と音楽や世界を覚えてきます。マリオを遊んだことがある人なら、誰でも地下の不気味な音楽、スターをとった時の高揚感覚えているかと思います。

1−1は最初にクリボーがいて、その後にキノコをとり、どかんを3つ飛び越えて…と鮮明に思い出せます。また、このゲームは大勢の人が遊んでおり、20代〜30代の男の人なら大抵盛り上がれます、なぜ盛り上がれるか?大勢の人が遊んでいるのはもちろんのこと、他のソフトには無い、そのソフトにまつわる自分だけのエピソードがあるからです。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 2016年米国ゲーム市場の74%が「ダウンロード購入」―ESA報告

    2016年米国ゲーム市場の74%が「ダウンロード購入」―ESA報告

  2. 【DEVELOPER'S TALK】PSPで最高の表現を追及したProject Soulが送る最新作『ソウルキャリバー Broken Destiny』開発秘話

    【DEVELOPER'S TALK】PSPで最高の表現を追及したProject Soulが送る最新作『ソウルキャリバー Broken Destiny』開発秘話

  3. 【インタビュー】KLabに訊くプロジェクト管理ツール「SHOTGUN」導入事例―管理業務の負担を半分に削減?!

    【インタビュー】KLabに訊くプロジェクト管理ツール「SHOTGUN」導入事例―管理業務の負担を半分に削減?!

  4. 【レポート】日本文化がパリを熱くさせた!ゲームやアニメが目白押しのJapan Expo会場レポ

  5. ハドソンに爆破予告で29歳男性が逮捕―『桃鉄』の要望聞き入れられず

  6. 言論の自由はどこまで言論の自由を許すか?・・・平林久和「ゲームの未来を語る」第21回

  7. 今週発売の新作ゲーム『ストリートファイターV アーケードエディション』『マリオ+ラビッツ キングダムバトル』『死印』他

  8. 4つの会社の叡智が結集した『ガンダムキングダム』 Autodesk Mayaの「MEL」を用いてDCCツールを開発効率向上にフル活用

  9. ゲーム市場拡大のためにレーティング制度の変革が必要・・・EA社長が語る

  10. 【e-Sportsの裏側】韓国トップランナーが説く、Eスポーツビジネス論―「市場は選手が作る」

アクセスランキングをもっと見る