人生にゲームをプラスするメディア

【月刊ニンテンドーゲームフロント】第5回 『ソニックジェムズコレクション』プレイレポート

ゲームビジネス その他

「月刊ニンテンドーゲームフロント」5回目です。夏休みということも合ってか、ゲームフロントはかなりの人でにぎわっています。今回は、GC『ソニックジェムズコレクション』のプレイレポートをお届けします。

-----------------------------
展示ソフトリスト(展示期間:2005年7月23日〜8月19日)
(太字が今月新しく出展されたソフト)

ニンテンドーDS
『JUMP SUPER STARS』
・『パックンロール』
・『DS楽引辞典』
・『押忍!闘え!応援団』
・『やわらか頭塾』
・『東北大学未来科学技術共同研究センター川島隆太教授監修 脳を鍛える大人のDSトレーニング』

ニンテンドーゲームキューブ
『ソニックジェムズコレクション』
『マダガスカル』
・『ポケモンXD 闇の旋風 ダークルギア』
・『スーパーマリオスタジアム ミラクルベースボール』

ゲームボーイアドバンス
『 B-伝説!バトルビーダマン〜炎魂〜』
『新・ボクらの太陽〜逆襲のサバタ〜』
・『プレイやん』
・『ふたりはプリキュア マックスハート マジ?マジ?!ファイト de INじゃない』
-----------------------------------

プレイレポート
GC『ソニックジェムズコレクション』
このソフトは、過去に発売されたソニックシリーズ(特にゲームギアのタイトル)を1本にまとめて収録したソフトです。以下のソニックシリーズのタイトルが遊べます。

・ソニック・ザ・ファイターズ (AC)
・ソニック・ザ・ヘッジホッグCD (メガCD)
・ソニックR (セガサターン)
・ソニック・ザ・ヘッジホッグ2 (ゲームギア)
・ソニックスピンボール (ゲームギア)
・ソニック&テイルス2 (ゲームギア)
・ソニックドリフト2 (ゲームギア)
・テイルスのスカイパトロール (ゲームギア)
・テイルスアドベンチャー (ゲームギア)

また、これ以外にも、『ベクターマン』『ベアナックル』といった過去のセガのタイトルも収録されています。

プレイしてみて感じたこととしては、ゲームギアのゲームがかなり大きく(つまりテレビ画面いっぱいに)表示されているため、解像度のせいか少しプレイしにくく感じました。元がメガCDのゲームなので比較的解像度が高い『ソニック・ザ・ヘッジホッグCD』や、3Dゲームなので移植で解像度が上がっている『ソニックR』等と比較してしまうと、一層見づらく感じてしまうかもしれません。

システム周りの不満をいえば、ゲームの選択をするメインメニューに戻るための操作がゲームによってまちまちだったように見受けられたことでしょうか。Zボタンで「メインに戻る」を選択できるようになるものや、プレイしているゲームのタイトル画面で「オプション」を選ぶと「メインに戻る」がでてくるものあったりと、それぞれやり方が異なってくるように見え、少し戸惑ってしまいました。もしかしたら、ある共通の操作orコマンドでメインメニューに一発で戻れるようになっていたのかもしれませんが、よくわかりませんでした。

ゲームとしては、以前のソニックシリーズのゲームがそのまま移植されている形ですので、面白さはそのまま、のはずです。昔のソニックをやったことがないという方には大ボリュームのゲームになっていますし、ソニックに思い入れのある方にはコレクションすべきアイテムになっていると思います。

GC『ソニックジェムズコレクション』はすでに発売中で、価格は5040円(税込)です。
《OKOK》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 「A 5th of BitSummit」にゲームフリーク開発者ら登壇!公式サイトもリニューアルオープン

    「A 5th of BitSummit」にゲームフリーク開発者ら登壇!公式サイトもリニューアルオープン

  2. コーエーテクモ、業績予想を下方修正―『仁王』好調も『無双☆スターズ』想定下回る

    コーエーテクモ、業績予想を下方修正―『仁王』好調も『無双☆スターズ』想定下回る

  3. 【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

    【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

  4. 「攻殻機動隊」VRアプリが配信スタート サイバー感溢れる映像が360度で展開

  5. インディゲームの祭典「A 5th of BitSummit」出展者97組が決定!

  6. スマホゲームのマーケティング専門家集団、AppBroadCastが目指す「脱・リワード依存」

  7. 株式会社ディンゴが倒産、編集部でも確認―代表作は『フォトカノ』『初音ミク -Project DIVA-』

  8. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  9. 【インタビュー】『シャドウバース』メインプランナーが今考えているコト―「バハムート降臨」からゲームデザイン論まで

  10. マーベラス、平成28年3月期決算を発表 ― 海外での『ログレス』人気が貢献、社外取締役の久夛良木氏6月退任へ

アクセスランキングをもっと見る