人生にゲームをプラスするメディア

Ziff-DavisゲームサミットにNOAのジョージ・ハリスン副社長が出席

ゲームビジネス その他

米国の大手出版社で「Electronic Gaming Monthly」を発行するZiff-Davis Mediaは関係者を集めてゲーム業界の展望を話し合うThe 9th Annual Ziff Davis Electronic Gaming Summitに出席するスピーカーを発表しました。サミットは8月8日〜10日にカリフォルニア州ソノマにて開催されます。

出席するのは任天堂オブアメリカのジョージ・ハリスン副社長、マイクロソフトのピーター・ムーア副社長、エレクトロニック・アーツのネイル・ヤング副社長、そして小売業者からバージン・メガストアのダミアン・サラジン氏らが出席する予定です。また基調講演として『ポン』の開発者でアタリの創業者であるノーラン・ブッシュネル氏が予定されています。

「今年のオールスターのスピーカー達はゲーム業界が次世代に進むと共に映画や音楽業界を超えて大衆娯楽の中でトップの地位を占めるようになるという非常に重要な時期に深い洞察を与えるでしょう。このサミットはゲーム業界の新たなフロンティアを築くためのネットワークやアイデアを交換する全ての機会を提供します」とZiff-DavisゲームグループのScott McCarthyプレジデントは述べました。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. ゲームクリエイター・中裕司氏がスクエニに入社―これまで通りゲーム開発に従事

    ゲームクリエイター・中裕司氏がスクエニに入社―これまで通りゲーム開発に従事

  2. 【レポート】VR空間を自分の足で移動するリアルFPS「ZERO LATENCY VR」ジョイポリスに誕生!そう、これがやりたかったんだよ…

    【レポート】VR空間を自分の足で移動するリアルFPS「ZERO LATENCY VR」ジョイポリスに誕生!そう、これがやりたかったんだよ…

  3. 【特集】VRで盛り上がるジョイポリス、だがセガは1994年にVRアトラクション「VR-1」を導入していた

    【特集】VRで盛り上がるジョイポリス、だがセガは1994年にVRアトラクション「VR-1」を導入していた

  4. 今週発売の新作ゲーム『モンスターハンター:ワールド』『七つの大罪 ブリタニアの旅人』『The Inpatient 闇の病棟』他

  5. ポケモンはここで作られる!ゲームフリーク訪問記(前編)

  6. アメリカゲーム業界就職事情・・・日本とは違うサバイバル術

  7. 【レポート】日本文化がパリを熱くさせた!ゲームやアニメが目白押しのJapan Expo会場レポ

  8. 国内ゲーム人口は4,336万人、家庭用ゲーム機所有者数も明らかに ― 2016CESA一般生活者調査報告書

  9. セガ、休眠中の有力ゲームIPをリバイバルへ―新規IPへの挑戦も計画

  10. 「何がゲームを殺すのか?」−売上は好調なのにリストラが続く不思議

アクセスランキングをもっと見る