人生にゲームをプラスするメディア

任天堂の最近の商標登録 (2)

ゲームビジネス その他

暫く紹介してなかったので最近の任天堂の商標登録を紹介します。

注目されるのは『ドレッド / DREAD』です。E3の直前に米国のゲーム雑誌GameInformerは『メトロイドドレッド』というタイトルを掲載しましたが結局E3には出展されませんでした。しかしこの登録は他のE3タイトル(「Super Mario Strikers」や「Screwbreaker」など)と共に登録されていて、実際には開発されている可能性があります。

そのほか、任天堂らしくない言葉が並んでいますが、大半(*)はE3でも展示されていた『デジタイリッシュ・シリーズ』のゲーム名のようです。ミクロの展示コーナーにあったので、ゲームボーイミクロの発売に合わせて登場ということになるでしょう。IGNでそれらのムービーを鑑賞することができます。

・COLORIS / カラリス*
・T-TYPO / テイタイポ
・DIALHEX / ダイヤルヘックス*
・NEOPONG / ネオポング*
・SNEAKOUT / スニークアウト
・SWIMWORM / スイムウオーム
・DOTLINER / ドットライナー*
・SOJOURNER / ソジャーナー
・DIGIDRIVE / デジドライブ*
・dotstream /ドットストリーム
・Soundvoyager / サウンドボイジャー
・ドレッド / DREAD
・DIGITYLISH / デジタイリッシュ*

(情報提供Thanks)
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. ニンテンドースイッチ版『RiME』にシリコンスタジオの「Enlighten」を初採用─絵画のように美しい世界を豊かに演出

    ニンテンドースイッチ版『RiME』にシリコンスタジオの「Enlighten」を初採用─絵画のように美しい世界を豊かに演出

  2. 日本初のチーム対戦フィールドVR『攻殻機動隊 ARISE Stealth Hounds』がVR ZONE SHINJUKUに登場

    日本初のチーム対戦フィールドVR『攻殻機動隊 ARISE Stealth Hounds』がVR ZONE SHINJUKUに登場

  3. 建築ビジュアライゼーションにも活用される『Enlighten』-ゲーム開発技術との関連性は?ヒストリア代表に訊く

    建築ビジュアライゼーションにも活用される『Enlighten』-ゲーム開発技術との関連性は?ヒストリア代表に訊く

  4. 今週発売の新作ゲーム『逆転裁判4』『MONSTER OF THE DEEP: FINAL FANTASY XV』『初音ミク Project DIVA Future Tone DX』他

  5. 【SIGGRAPH ASIA 2009】業界関係者は必見、セガの人材教育

  6. モバイルゲームのデータ改ざん、元開発者に有罪

  7. ポケモンはここで作られる!ゲームフリーク訪問記(前編)

  8. バンダイナムコ、大型VR施設「VR ZONE Shinjuku」を期間限定オープン!

  9. 「攻殻機動隊」VRアプリが配信スタート サイバー感溢れる映像が360度で展開

  10. 60種類の新レシピで楽しい料理を・・・3DS『クッキングママ 4』発売

アクセスランキングをもっと見る