人生にゲームをプラスするメディア

EIEF 2005に『ゼルダの伝説』など出展決定

ゲームビジネス その他

毎年開催されているゲームの見本市Edinburgh Interactive Entertainment Festivalに任天堂が『ゼルダの伝説〜黄昏の姫(未定)』、『Nintendogs』、『Battalion Wars』などを出展することが明らかになりました。また任天堂の代表者は携帯ゲーム機やゲームの文化的インパクトを論じるカンファレンスに出席します。

E.I.E.Fはカンファレンスが実施される「Edinburgh Interactive」、一般展示の「Go Play Games」、幾つかの新作ゲームの発表が行われる「Game Screenings」の3部からなります。昨年までは「Edinburgh International Games Festival」と呼ばれていました。今年はN-Gage、BT、GAMEなども参加していっそう盛り上がりそうです。

EIEF 2005は8月10日〜14日の日程でにエディンバラ国際会議センターにて開催されます。主催は業界団体のTIGAとELSPAです。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 海外アナリスト、2022年までのゲーム業界収益予測を公開―PCゲームのアプリ内課金などが牽引力か

    海外アナリスト、2022年までのゲーム業界収益予測を公開―PCゲームのアプリ内課金などが牽引力か

  2. 今週発売の新作ゲーム『ストリートファイターV アーケードエディション』『マリオ+ラビッツ キングダムバトル』『死印』他

    今週発売の新作ゲーム『ストリートファイターV アーケードエディション』『マリオ+ラビッツ キングダムバトル』『死印』他

  3. 【インタビュー】KLabに訊くプロジェクト管理ツール「SHOTGUN」導入事例―管理業務の負担を半分に削減?!

    【インタビュー】KLabに訊くプロジェクト管理ツール「SHOTGUN」導入事例―管理業務の負担を半分に削減?!

  4. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  5. 株式会社ディンゴが倒産、編集部でも確認―代表作は『フォトカノ』『初音ミク -Project DIVA-』

  6. 2016年米国ゲーム市場の74%が「ダウンロード購入」―ESA報告

  7. WSJの選ぶアジア企業、任天堂が日本のトップに

  8. まさかのメガドライブ新作『PAPRIUM』が発売決定!―蘇る16Bitアクション

  9. 未来へ一歩近づく「攻殻機動隊 ARISE」対戦型フィールドVRを先行プレイ!叫び過ぎて喉がカラカラ…

  10. 「Gear VR」レンタルがDMMで開始、3日間で5,000円

アクセスランキングをもっと見る