人生にゲームをプラスするメディア

「Nintendo」は米国のキッズ達のホットブランド

ゲームビジネス その他

マーケティングリサーチを行っている調査会社Decision Analystがこの度発表した研究結果によれば、米国のキッズ層に「Nintendo」はディズニー以上に浸透している影響力あるブランドとなっているそうです。

この「Hot or Not?」と名付けられた調査では米国の子供達670人を対象に最も「クール」だと思うブランドを3つ挙げて貰う方式で行われ、年齢を8〜12歳と13〜17歳の2つに分けて結果を出しました。

まず8〜12歳の年齢層では、42パーセントが「Nintendo」を選択して、ついで「ディズニー」が36パーセント、「マクドナルド」が31パーセント、「NIKE」が21パーセントなどとなりました。余り支持の無かったブランドとしては「フォード」・「トヨタ」・「スターバックス」などでいずれも3パーセント以下でした。

13歳〜17歳では少し様相が異なり、「NIKE」が26パーセントで最も高く、次いで「Hummer」が23パーセント、その後に「Nintendo」と「ソニー」が21パーセントで並びました。トップブランドでも8〜12歳の層と比べると低い数値で、年齢が上がると好みのブランドは分散する傾向にあるようです。

この調査の統計学的な誤差範囲はプラスマイナス4パーセントです。
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【NDC2017】第4次産業革命時代におけるゲーム開発-人工知能の時代に開発者はどう生き残っていくか

    【NDC2017】第4次産業革命時代におけるゲーム開発-人工知能の時代に開発者はどう生き残っていくか

  2. 美少女とVRリズムアクションを楽しめる『エアトーン』がハウステンボスに登場、4月28日より

    美少女とVRリズムアクションを楽しめる『エアトーン』がハウステンボスに登場、4月28日より

  3. 【NDC2017】ゲーム業界には挑戦が必要だ―ネクソン代表取締役社長オーウェン・マホニー ウェルカムスピーチ

    【NDC2017】ゲーム業界には挑戦が必要だ―ネクソン代表取締役社長オーウェン・マホニー ウェルカムスピーチ

  4. コーエーテクモ、業績予想を下方修正―『仁王』好調も『無双☆スターズ』想定下回る

  5. Cygames、ウメハラ氏ら所属のプロチーム「Cygames Beast」を発足

  6. アジアオリンピック評議会が「e-Sports」を競技種目に―2018年「アジア競技大会」から本格デモ導入

  7. マシュのトレーニングをサポート!「FGO VR feat.マシュ・キリエライト」体験レポ

  8. 東広島から日本のRPGで世界を狙う!E3にも出展したケムコの戦略に迫る

  9. ポケモンとNECがパソコン教育サービスの新会社を設立

  10. カプコン川田Pと松江氏が明かす『バイオハザード アンブレラコア』のしくじり―反省から学ぶゲーム開発

アクセスランキングをもっと見る