人生にゲームをプラスするメディア

アクティビジョンが『ファンタスティック・フォー』のBeenoxを買収

アクティビジョンはカナダ・ケベック州に本拠地を置くデベロッパーBeenox, Inc.を買収したと発表しました。32人の従業員はそのままで、アクティビジョンの完全子会社となります。ケベックは北米地域の中で成長を続けるゲーム開発拠点として注目されています。

ゲームビジネス その他
アクティビジョンはカナダ・ケベック州に本拠地を置くデベロッパーBeenox, Inc.を買収したと発表しました。32人の従業員はそのままで、アクティビジョンの完全子会社となります。ケベックは北米地域の中で成長を続けるゲーム開発拠点として注目されています。

Beenoxとアクティビジョンは2003年以降、『シュレック2』・『トニーホークプロスケーター アンダーグラウンド 2』のタイトルを共に開発して今年には『ファンタスティック・フォー』が発売される予定です。同社はマルチプラットフォームを推進する技術に長けていて、ケベック政府が優秀な企業を表彰する「Innovative Enterprise of the Year」を受賞したこともあります。

アクティビジョン・ワールドワイドパブリッシングのKathy Vrabeck氏は「私達はBeenoxがもたらす非常な才能に興奮しています。Beenoxの大きな開発リソースは私達を次世代機向けの開発に集中させることを可能にするでしょう。また拡大するケベックでの将来の機会を与えてくれるものです」と述べました。
《土本学》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. Supercell「当初から話し合いを行っていた」との主張にグリーが反論―特許紛争の声明に追記

    Supercell「当初から話し合いを行っていた」との主張にグリーが反論―特許紛争の声明に追記

  2. 任天堂、コロプラとの『白猫プロジェクト』を巡る訴訟で請求額引き上げ―49.5億から96.99億に増額

    任天堂、コロプラとの『白猫プロジェクト』を巡る訴訟で請求額引き上げ―49.5億から96.99億に増額

  3. 改善を繰り返してクソゲーを良作に!オーストラリアのハーフブリックの実例

    改善を繰り返してクソゲーを良作に!オーストラリアのハーフブリックの実例

  4. 【GTMF2013】ヤマハによるアミューズメント向け次世代 GPU と開発環境

  5. 史上初のオリンピック公式ライセンスe-Sportsイベント「オリンピックバーチャルシリーズ」開催―『パワプロ』『グランツーリスモ』などが競技に選出

  6. イスラーム法とゲームの関係―IGDA日本SIG-Glocalization

  7. 【レポート】進化を続けるLive2Dの現状と未来…「2Dと3Dのいいとこ取りを目指す」

  8. 日本初(?)のUnreal Engine 4を使ったモバイルゲームをたった一人で開発 『ダンジョン&バーグラー』のヒストリアを直撃

  9. 「攻殻機動隊」VRアプリが配信スタート サイバー感溢れる映像が360度で展開

  10. 【オールゲームニッポン】日本は世界でも稀有な母系社会(第12回)

アクセスランキングをもっと見る