人生にゲームをプラスするメディア

EA『メダル・オブ・オナー ヨーロッパ強襲』が完成したと発表

任天堂 GC

エレクトロニック・アーツは人気FPS最新作『メダル・オブ・オナー ヨーロピアン・アサルト(国内向けサブタイトルは「ヨーロッパ強襲」)』の開発が完了したと発表しました。米国では6月6月にゲームキューブ、PS2、Xboxで発売予定で、国内ではGCとPS2で8月の発売です。

時は1942年ヨーロッパ、ナチスと同盟国の攻勢によって連合国が劣勢に立たされている中、プレイヤーは米国の米国戦時情報機関OSS初のフィールドオフィサー、ウィリアム・ホールト中尉となります。MOH最新作の「ヨーロッパ強襲」の目的はもちろん全ヨーロッパの解放です。

MOHシリーズは名誉ある軍人に贈られる最高の勲章、議会名誉勲章「Medal of Honor」の名前を名乗る事を唯一認められた作品で、内容も綿密な考証と軍事アドバイザーの監修の元で制作が行われています。
《土本学》

編集部おすすめの記事