人生にゲームをプラスするメディア

『マリオカートDS』紺野氏インタビュー/IGN

IGNによる、『マリオカートDS』の紺野秀樹氏へのインタビューの全訳です。バトルモードがシングルでも遊べるようになるようで、また、タッチスクリーンを使う遊び方を考えたがボツになったという裏話も披露されています。

任天堂 DS
IGNによる、『マリオカートDS』の紺野秀樹氏へのインタビューの全訳です。バトルモードがシングルでも遊べるようになるようで、また、タッチスクリーンを使う遊び方を考えたがボツになったという裏話も披露されています。

---------------
--これまでのマリオカートのうちどれが、もっとも『マリオカートDS』のデザインに影響を与えているんでしょうか。

全部です。これまでの全部のマリオカートシリーズから、ノスタルジアを感じさせるコースを入れました。そのそれぞれがDS版に影響を与えています。

--どのぐらい長い間、マリオカートを公式にオンラインにしたいと思っていましたか?

オンラインゲームは好きで、できるだけたくさんの人が自分のゲームを楽しんでほしいと思っています。ニンテンドーDSのオンラインサポートにはとても興奮しています。これまではオンラインにするにはいろんな障害がありました。また、『Halo』のように、たくさん売れてもオンラインは少数の人しかプレイしませんでした。しかもその大部分はコアゲーマーです。マリオカートでは、みんながオンラインになてほしいですし、技術と時間はそうなるに適した状況になっています。

--マリオカートは毎回、大きな新要素が付け加えられていきましたが、DS版でも、何か新しいものはありますか?

はい、どのマリオカートシリーズでもゲームプレイは進化していきました。『マリオカートDS』でもそれは同じです。『スーパーマリオカート』では2人プレイ、『マリオカート64』では4人プレイでした。今回は、ワイヤレスを使って8人でゲームをできます。それだけでなく、ゲームシェアリングの機能を使って、1つのカートリッジだけで8人プレイが楽しめます。

--『マリオカートDS』のレース部分については見ることができましたが、バトルモードはまだ見ていません。バトルモードについては、DS版にどんなことが期待できるでしょうか?

あいにくE3までにバトルモードを準備することはできませんでしたが、DS最終バージョンにはバトルモードはありますよ。これまではバトルモードはマルチプレイだけでしたが、『マリオカートDS』ではシングルプレイでも楽しめるようになります。

--開発中に、下画面をマップに使う以外に、タッチスクリーンの機能を使うというのも考えたのでしょうか?

タッチスクリーンにもっと機能を持たせることは可能でしたでしょうが、マリオカートはとても忙しいゲームなので、下画面に注目するようにプレイヤーに要求するのはだいぶ混乱を招くでしょう。タッチスクリーンを使うベストの方法を探すのに夢中になるのはやめ、代わりに私たちはワイヤレスの部分に焦点を合わせました。バナナを、自分のカートの後ろ以外でも(タッチスクリーンをつかうことで)どこにでもおけるようにするというアイデアもありました。でも実際にやってみると、すでに十分忙しいゲームなわけですから、かなり混乱してしまったんです。

--『マリオカートDS』で最も誇りに思っている部分を教えてください。

GC版でも、ブロードバンドアダプタを使えば8人プレイができましたが、DS版は初めからそのまま8人プレイが可能なのでいつでも8人プレイできます。これだけでなく、4人プレイをWiFiを用いて、友達や見知らぬ人ともプレイできるようになり、みんなとつながることができるようになりますよ。

-------------

(誤訳等あれば指摘していただけると助かります)
《》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『モンハンライズ:サンブレイク』ついに「ヨモギ」「カゲロウ」の過去が明らかに!壮絶な過去、そしてヨモギの正体とは?

    『モンハンライズ:サンブレイク』ついに「ヨモギ」「カゲロウ」の過去が明らかに!壮絶な過去、そしてヨモギの正体とは?

  2. 『モンハン』の狩猟笛で、映画「ワンピース」主題歌を奏でる猛者が出現!その発想とクオリティが間違いなく“新時代”

    『モンハン』の狩猟笛で、映画「ワンピース」主題歌を奏でる猛者が出現!その発想とクオリティが間違いなく“新時代”

  3. 『スプラトゥーン3』おすすめコントローラー5選!純正品から可愛いデザイン、携帯向けまで

    『スプラトゥーン3』おすすめコントローラー5選!純正品から可愛いデザイン、携帯向けまで

  4. 『モンハンライズ』の新スキル「鬼火纏」って何?驚くべき強さの秘密や注意点まで徹底解説

  5. 『ポケモン スカーレット・バイオレット』新ポケモン「ウミディグダ」公開!パルデア地方のディグダ…ではない!?

  6. 『ポケモン』スケールダウンが止まらない!?生まれ変わりつつある“悪の組織”という概念

  7. 「脱衣麻雀」の時代が戻ってきた!?スイッチで続々と名作が復活!!

  8. 『ポケモンSV』謎の新ポケモン発覚!?トレイラーに映り込んでいた“目玉エンジン”にファン騒然

  9. 『スプラトゥーン3』有名VTuberから人気漫画家まで!バンカラ街で見られる「著名人たちの手書きイラスト」が大注目

  10. 『モンハン』真正面から見た「フルフル」が怖い!海外公式の“どアップ画像”に「いいね」1.4万超え

アクセスランキングをもっと見る