人生にゲームをプラスするメディア

E3で発表された「レボリューション」のスペックなど

任天堂のリリース「Nintendo's Compact Console Will Turn The World Of Gaming On Its Side」の訳です。変なところは適当に頭で変換しつつ読んでください。

任天堂 Wii
任天堂のリリース「Nintendo's Compact Console Will Turn The World Of Gaming On Its Side」の訳です。変なところは適当に頭で変換しつつ読んでください。

各世代のゲーム機は過去に基盤を置き、未来への新しいスタンダードを構築します。最も強力な遺産を持つ会社として任天堂は、これまでのそのような期待を再定義し、幅広いゲーマーを幅広いゲームで魅了する為の戦略を採用します。任天堂の新型ゲーム機「レボリューション」が2006年に到着したとき、「All-Access Gaming」の意味を知ることになるでしょう。

「私達は次世代機はどんなものでありえるかということを世界に示すでしょう。「レボリューション」は未来に向けた最も強力な革新の伝統と後方互換性と「バーチャル・コンソール」のコンセプト、スタイリッシュでコンパクトなボディで最大のゲーミング・パワーを提供します。それは単にゲームの定義を広げホームエンターテイメントを新次元に導くのみではなく、ゲームの歴史の全てにアクセスすることを可能とします」と岩田聡社長は述べています。

ロサンゼルスのE3で聴衆を圧倒したシステムの特徴は次のようなものです。

クールな外観 新しいハードは高品質の素材とスマートでコンパクトなデザイン、DVDケース3枚を重ねた程度のサイズを自慢します。様々なプロトタイプのカラーはE3で展示されます。付属するシルバーのスタンドによって縦にも横にも置くことが出来ます。

後方互換性 新しいハードはゲームキューブの全てのゲームを遊べます。しかしこれだけではありません・・・。

秘密兵器 このハードでは過去20年間に任天堂から発売され人気を集めてきた、NINTENDO 64、スーパーファミコン、ファミコンのゲームをダウンロードすることができます。

拡張性 SDメモリーカードベイによって内部フラッシュメモリーを拡張することができます。

2つのフォーマットが1つのスロットに 革新的なセルフローディングのメディアベイは新しい12cmのディスクだけでなく、ゲームキューブ用のディスクも作動させるでしょう。付属のオプションを利用することでDVDの映像やその他のコンテンツを再生できます。

スペック ハードは512メガバイトの内部フラッシュメモリー、ワイヤレスコントローラー、2つのUSB 2.0ポート、WiFiに対応します。世界のプレイヤーは快適なネットワークを通じて集うことが出来ます。「レボリューション」の技術的な心臓、IBMによって開発されたプロセスチップは「ブロードウェイ」と呼ばれ、ATIによって開発されたグラフィックチップは「ハリウッド」と呼ばれ、過去では不可能だったゲーム体験を提供します。

スター達 世界で最も豊富な強固なキャラクター達、、マリオ、ゼルダ、大乱闘スマッシュブラザーズ、ドンキーコング、メトロイドに加わる多くのフランチャイズがあるでしょう。

ワイヤレス・フリーダム 任天堂の新しいワイヤレス通信ネットワーク「Nintendo Wi-Fi Connection」に対応した多くの同発タイトルを準備中です。世界中のプレイヤーはその場所に集うことができるようになるでしょう。

フリーダム・オブ・デザイン ダイナミックな開発アーキテクチャは高額な予算を持ったプロジェクトと、大きなアイデアを持って単身で取り組むプロジェクトの両方を可能とするでしょう。

「私達の次のハードは小さなサイズに大きなアイデアを詰め込んでいます。私達はゲームの世界の扉をカジュアルゲーマーからハードゲーマーまで広く開けています」とNOAのReggie Fils-Aime上級副社長は述べています。

任天堂の「All-Access Gaming」の思想はスペクトルです。次のハードはどこの場所にも適合するでしょう。それは新しいゲームと古いゲームを提供します。それは世界中の人々がWi-Fiで繋がることを可能にします。そしてそれはゲームの世界を全ての人に開いています。ソフトは自信をプレイヤーと考えていなかったような人をも魅了するでしょう。全ての世界の大人、子供、男性、女性の全ては最も有名なゲームキャラクターにアクセスし、いまだ作られていない任天堂のみが作ることの出来る最高のゲームを体験することができるでしょう。
《土本学》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. “ナルガライト”は決して万能ではない!『モンハンライズ』で貫通ライトボウガンを使いこなすための正しい知識と注意点

    “ナルガライト”は決して万能ではない!『モンハンライズ』で貫通ライトボウガンを使いこなすための正しい知識と注意点

  2. 「オロミドロ」尻尾の音は“セロリ”を折って表現!?関西のTV番組にて『モンハンライズ』効果音の秘密が明らかに

    「オロミドロ」尻尾の音は“セロリ”を折って表現!?関西のTV番組にて『モンハンライズ』効果音の秘密が明らかに

  3. 『Apex Legends』原因不明のアカウントBANが多発―公式発表はなく、インフルエンサーが注意を呼びかける事態に【UPDATE】

    『Apex Legends』原因不明のアカウントBANが多発―公式発表はなく、インフルエンサーが注意を呼びかける事態に【UPDATE】

  4. 『モンハンライズ』Ver2.0で熱い強力スキル5選―新たな防具や装飾品の登場で状況が激変、理想のスキル構成を目指せ

  5. 『モンハンライズ』「花結」は定期的に見直してる?Ver2.0から登場したレア7は汎用性抜群、ただし状況によってはレア6が光る場面も

  6. ヨコオタロウ氏が『モンハンライズ』のストーリーを妄想!次々と“退場”するメインキャラ、滅びる里―このモンハンに救いはない…

  7. 『モンハンライズ』知ると楽しい「マカ錬金」&「護石」のススメーまだ見ぬ“神おま”を探しに行こう!

  8. スイッチ2021年4月 月間DLランキング公開―『モンハン』『ポケモンスナップ』に並び異色の『スーパー野田ゲーPARTY』もランクイン

  9. 『モンハンライズ』スラッシュアックスの操作方法・立ち回りを解説!2つのモードで切り替えて高火力を維持せよ【個別武器紹介】

  10. 『ドライブバイ』インサイドちゃんvsげむすぱ編集部、勝ったのはどっち?―カオス過ぎるレースゲー対決の模様をレポート

アクセスランキングをもっと見る