人生にゲームをプラスするメディア

任天堂の今後のラインナップ?

GameCubeAdvancedなどによれば任天堂が今後のラインナップの一部を明らかにしたそうです。Nintendo Nowでは『マリオパーティ7』・『BATTALION WARS』などこのリストに含まれるタイトルの体験台写真が掲載されているのでリストは正しいものと思われます。

ゲームビジネス その他
GameCubeAdvancedなどによれば任天堂が今後のラインナップの一部を明らかにしたそうです。Nintendo Nowでは『マリオパーティ7』・『BATTALION WARS』などこのリストに含まれるタイトルの体験台写真が掲載されているのでリストは正しいものと思われます。

ゲームキューブ
・Dance Dance Revolution with MARIO (海外ではMario Mix)
・マリオパーティ7
・ポケモンXD 闇の旋風ダーク・ルギア
・スーパーマリオ・ストライカーズ
・ゼルダの伝説 トワライト・プリンセス
・Battalion Wars

ニンテンドーDS
・ファミコンウォーズDS
・どうぶつの森
・マリオ&ルイージRPG2
・メトロイド・ドレッド (2Dメトロイド)
・メトロイドプライムピンボール
・任天堂テトリス
・タッチ・ゴルフ

ゲームボーイアドバンス
・スーパードンキーコング3
・ファイアーエムブレム
・マリオテニス アドバンス

『Battalion Wars』はコピーライトを見ると「Developed by Kuju Entertainment」となっているので『ファミコンウォーズGC』のような気がします。昨日のムービーでも似たような雰囲気でした。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. CAAnimationとDMM GAMESがアニメとゲームを連動させたメディアミックスプロジェクトを始動─これまでにないハイクオリティなコンテンツを目指す

    CAAnimationとDMM GAMESがアニメとゲームを連動させたメディアミックスプロジェクトを始動─これまでにないハイクオリティなコンテンツを目指す

  2. ニンテンドーDS2週目売上はPSPを上回る18.1万台―最新週間売上

    ニンテンドーDS2週目売上はPSPを上回る18.1万台―最新週間売上

  3. 【CEDEC 2016】原作再現、フェイシャル誇張からフェチズムまで ─ これからの3Dアニメ表現について考える

    【CEDEC 2016】原作再現、フェイシャル誇張からフェチズムまで ─ これからの3Dアニメ表現について考える

  4. 編集部が選ぶ『E3 Japan Awards 2015』受賞発表! 『Fallout 4』『FF7』『Xbox One』他

  5. 2020年4月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  6. “ビットサミットの父”ジェームズ・ミルキーが日本のインディーシーンを語る

  7. 「CEDEC AWARDS 2013」特別賞に久夛良木氏、著述賞はバンダイナムコスタジオ堂前氏と加藤氏に決定

  8. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  9. 【TGS2007】コンパニオンフォト:フジワーク・DWE・クリーク&リバー・日本工学院・台湾ゲーム館・新潟コンピュータ専門学校編

  10. 【GDC 2014】任天堂が明かす、N64時代から始まる『どうぶつの森』成長と心機一転の物語

アクセスランキングをもっと見る