人生にゲームをプラスするメディア

タカラとトミーが経営統合を検討中

ゲームビジネス その他

国内玩具2位のタカラと同3位のトミーは年明けにも経営統合する方向で協議を進めていることを明らかにしました。12日の2005年3月期決算発表の席でタカラの久保亮三財務部長は「お互い事業に重複がなく、プラス効果が見込める」と述べました。

ただ、まだ正式決定はされておらず12日朝の各紙報道を受けて両者は「統合等に関し、協議を行っている段階でありますが、現時点では決定している事実はございません」とのリリースを出した他、会見でも統合が決定するかどうかは「50対50だ。お互い満足しなければ握手することはない。妥協はしない」としました。

仮に統合された場合、両社のブランドは継続して使用していくことになるようです。

両社の2004年3月期の連結売上高はタカラが1072億円、トミーが825億円で合計すると1897億円となり、バンダイの2631億円に次ぐ規模となります。統合が決定すれば玩具業界はナムコとの統合を決定したバンダイとの二極体制になりそうです。

タカラは4月始めに親会社がコナミからインデックスに移ったばかりですが、既に統合は頭に入っていたのでしょうか。少子化もありますし、ゲーム業界だけでなく玩具業界も大変なようです。
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【NDC2017】第4次産業革命時代におけるゲーム開発-人工知能の時代に開発者はどう生き残っていくか

    【NDC2017】第4次産業革命時代におけるゲーム開発-人工知能の時代に開発者はどう生き残っていくか

  2. 美少女とVRリズムアクションを楽しめる『エアトーン』がハウステンボスに登場、4月28日より

    美少女とVRリズムアクションを楽しめる『エアトーン』がハウステンボスに登場、4月28日より

  3. 【NDC2017】ゲーム業界には挑戦が必要だ―ネクソン代表取締役社長オーウェン・マホニー ウェルカムスピーチ

    【NDC2017】ゲーム業界には挑戦が必要だ―ネクソン代表取締役社長オーウェン・マホニー ウェルカムスピーチ

  4. コーエーテクモ、業績予想を下方修正―『仁王』好調も『無双☆スターズ』想定下回る

  5. Cygames、ウメハラ氏ら所属のプロチーム「Cygames Beast」を発足

  6. アジアオリンピック評議会が「e-Sports」を競技種目に―2018年「アジア競技大会」から本格デモ導入

  7. マシュのトレーニングをサポート!「FGO VR feat.マシュ・キリエライト」体験レポ

  8. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  9. 安価で手軽なスマホVRゴーグル「400-MEDIVR1_2」発売

  10. 2016年米国ゲーム市場の74%が「ダウンロード購入」―ESA報告

アクセスランキングをもっと見る