人生にゲームをプラスするメディア

『マリオカート アーケードグランプリ』ロケテスト at 池袋

ゲームビジネス その他

先日お伝えしたとおり、都内で『マリオカート アーケードグランプリ』のロケテストが実施されています。

そのうち「St.Tropez(サントロペ)池袋」でのロケテストを覗いてきました。場所はJR池袋駅より徒歩数分、サンシャイン60通り沿いです。



設置台数は四台。GW中のためか親子連れも見られます。

ロケテスト版の仕様としましては、インターフェースは「ハンドル」、「ブレーキ」、「アクセル」(ブレーキ同時踏みでジャンプ)、そしてハンドル中央に「アイテムボタン」が配置されており、至ってシンプルです。

1プレイ200円、コンティニュー(次のラウンドに進む場合も)100円、カード作成200円。昨今のアーケードによく見られるように、専用のゲームカードを発行し、記録やアイテム情報を保存できるようになっています。

カードに表記される内容は、「名前」(五文字まで、アルファベットひらがなカタカナ可)、「ドライバーキャラ」、ランク(ロケテスト版で作ると「ロケテスト参上」)、「所持アイテム数」、「チャンピオンカップの所持カップ」、そして「パスワード」です。

ちょっと「パスワード」の使い道がよく判りませんでした。ロケテ版のカードから本製品版へとデータを引き継ぎが出来るそうで、その際にアイテムが特典としてもらえます。

モードとしては一人でのプレイ時は「グランプリモード」と「タイムアタック」の二種。コースは「マリオカップ」、「DKカップ」、「クッパカップ」の三種がロケテ版ではプレイできました。それぞれのカップには4つのラウンドが用意されます。

ひとつのラウンド開始前には、そのコースで手に入るアイテムが3つ、ルーレットでランダムで選ばれ、今までのマリオカート同様にアイタムボックスに触れることで入手します。また、優勝することで新しいアイテムが次々と手に入ります。手に入れたアイテムは専用のカードに保存しておくことで、それを対戦などで使用できます。

対戦時は、画面上部に備え付けられたカメラで撮影した写真がドライバー名と一緒に表示されるようになります。

今回確認できたドライバーキャラクターは、「マリオ」、「ルイージ」、「ピーチ姫」、「ワリオ」、「ドンキーコング」、「クッパ」、「ヨッシー」、「キノピオ」のおなじみのメンバーに加えて、「パックマン」、「ミスパックマン」、「アカベエ」となります。

アイテムは「たつまき」、「パイ」などの新規の物が数多く追加されています。「ブラックこおら」、「キノコ」などのマリオらしいアイテムも勿論存在します。

動きも含めて非常に『マリオカート』らしい出来に仕上がっているので、今後も新宿等でロケテストが実施されるので機会がありましたらお試しになってみては以下かでしょうか?
《Decors》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. ゲームと映画から考える海外と日本の感性の違いとは・・・黒川塾(19)

    ゲームと映画から考える海外と日本の感性の違いとは・・・黒川塾(19)

  2. 欧州大陸の中心、オーストリアのゲーム会社が来日会見

    欧州大陸の中心、オーストリアのゲーム会社が来日会見

  3. 京都銀行、任天堂株の売却は考えず、配当を原資に貸し出し強化へ

    京都銀行、任天堂株の売却は考えず、配当を原資に貸し出し強化へ

  4. トレーディングカードゲーム市場、1000億円規模を突破 ― 「ヴァンガード」シェア拡大

  5. 7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

  6. 久多良木健氏、サイバーアイ・エンタテインメントを設立して活動再開

  7. マイクロソフトのVR「HoloLens」が本格化!NASAが火星探索を体験できる専用アプリを開発

  8. 企画とデザインのキャッチボールで生まれた『グランブルーファンタジー』の稀有な開発体制―春田康一プロデューサーと皆葉英夫氏に聞いた

  9. VR最高のマルチプレイゲーム目指す『EVE: Valkyrie』ローンチトレイラー公開

  10. 【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

アクセスランキングをもっと見る