人生にゲームをプラスするメディア

「ブランド・ジャパン2005」で任天堂が20位に

ゲームビジネス その他

日経BPコンサルティングが22日に発表した、一般消費者とビジネスパーソンの合計3万7000人へのアンケート調査から国内で使用されている1500のブランドを評価した「ブランド・ジャパン2005」によれば、任天堂はビジネスパーソンの選ぶ20位となりました。

一般消費者部門では企業名・商品名の1000ブランドを対象に調査を行い、トップは「SONY ソニー」、次いで「STUDIO GHIBLI スタジオジブリ」、「Disney ディズニー」となりました。ビジネスパーソン部門では企業名の500ブランドを対象にトップは「TOYOTA トヨタ自動車」、次いで「HONDA ホンダ」、「SONY ソニー」となりました。

任天堂はビジネスパーソン部門の20位でしたが、昨年16位から4位順位を下げています。総合力偏差値は68.9点(昨年は71.0点)でした。
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【CEDEC 2014】ねぶたのリズムで殴り合う『アオモリズム』を生んだゲームアイデア発想法

    【CEDEC 2014】ねぶたのリズムで殴り合う『アオモリズム』を生んだゲームアイデア発想法

  2. 「東京ゲームショウ2017」にて主催者企画「e-Sports X(イースポーツクロス)」開催決定!

    「東京ゲームショウ2017」にて主催者企画「e-Sports X(イースポーツクロス)」開催決定!

  3. 7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

    7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

  4. 【CEDEC 2012】『シェルノサージュ』はどのようにクラウドサービスを導入したのか

  5. 『Rez』『ルミネス』の水口哲也氏、キューエンタテインメント取締役を退任

アクセスランキングをもっと見る