人生にゲームをプラスするメディア

「ブランド・ジャパン2005」で任天堂が20位に

ゲームビジネス その他

日経BPコンサルティングが22日に発表した、一般消費者とビジネスパーソンの合計3万7000人へのアンケート調査から国内で使用されている1500のブランドを評価した「ブランド・ジャパン2005」によれば、任天堂はビジネスパーソンの選ぶ20位となりました。

一般消費者部門では企業名・商品名の1000ブランドを対象に調査を行い、トップは「SONY ソニー」、次いで「STUDIO GHIBLI スタジオジブリ」、「Disney ディズニー」となりました。ビジネスパーソン部門では企業名の500ブランドを対象にトップは「TOYOTA トヨタ自動車」、次いで「HONDA ホンダ」、「SONY ソニー」となりました。

任天堂はビジネスパーソン部門の20位でしたが、昨年16位から4位順位を下げています。総合力偏差値は68.9点(昨年は71.0点)でした。
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 今週発売の新作ゲーム『マーベルVS. カプコン:インフィニット』『ポッ拳 POKKEN TOURNAMENT DX』『Project CARS 2』他

    今週発売の新作ゲーム『マーベルVS. カプコン:インフィニット』『ポッ拳 POKKEN TOURNAMENT DX』『Project CARS 2』他

  2. 『機動戦士ガンダム 戦場の絆 VR PROTOTYPE Ver.』発表!「VR ZONE SHINJUKU」にて2017年冬に期間限定で設置

    『機動戦士ガンダム 戦場の絆 VR PROTOTYPE Ver.』発表!「VR ZONE SHINJUKU」にて2017年冬に期間限定で設置

  3. 【インタビュー】TGS2017では異色の出展社?!ゲームユーザーのためのPayPalの「覚悟」とは

    【インタビュー】TGS2017では異色の出展社?!ゲームユーザーのためのPayPalの「覚悟」とは

  4. 五感で楽しむVRマシン『VR センス』には『DOAX』も、新コンテンツ情報が公開

  5. 【TGS2007】コンパニオンフォト:マイクロソフト・SCE・集合写真編&着ぐるみ編

  6. 「TGS 2017」DMM GAMESブースにて『PUBG』出展&特別ステージ実施―「e-Sports X」にて50人同時対戦イベントも!

  7. 【特集】マリオカートやエヴァ搭乗をVRで楽しめる「VR ZONE SHINJUKU」オープン─利用方法は? 要予約なの? まとめてご紹介

  8. 小島監督は『メタルギア』シリーズの監督に変わりない―コナミ広報担当が回答

  9. 「東京ゲームショウ2017」にて主催者企画「e-Sports X(イースポーツクロス)」開催決定!

  10. 「TGS2017」バンナムブースでは『CODE VEIN』『SAO』『ドラゴンボール ファイターズ』など60タイトルが出展!

アクセスランキングをもっと見る