人生にゲームをプラスするメディア

イチロー効果でマリナーズ好調、資産価値4億1400万ドル

ゲームビジネス その他

米国の経済誌フォーブス最新号が掲載したメジャー・リーグ各球団の資産価値によれば、任天堂オブアメリカがオーナーを務めるシアトル・マリナーズは「過去5年で最も利益をあげた球団」となったそうです。その要因として同誌は「日本からスター選手を輸入したこと」を挙げています。

記事によればマリナーズの過去5年間の年間平均収益はレッドソックス、ヤンキースに次ぐ1億6300万ドルで、これを元に試算した商品価値は4億1400万ドルで、1977年当時の650万ドルの63倍となりました。観客動員も増加していて、平均330万人で第4位の水準となっているそうです。

視聴率や日本からの観戦ツアーなどで地元に与える経済効果は年間数百万ドルになると推測されます。

シアトル・マリナーズは1991年に経営難から移転が取りざたされた際に、当時任天堂の社長を務めていた山内氏が出資して経営再建に当たりました。山内氏は持分を昨年任天堂オブアメリカに売却しています。
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【コラム】『ペルソナ5』の海外高評価と“ジャンルとしての”JRPG

    【コラム】『ペルソナ5』の海外高評価と“ジャンルとしての”JRPG

  2. 美少女に癒やされたい人必見?まったりVRババ抜き『OldMaidGirl』Steam配信開始

    美少女に癒やされたい人必見?まったりVRババ抜き『OldMaidGirl』Steam配信開始

  3. VRの伝道師、GOROmanこと株式会社エクシヴィ代表取締役社長 近藤義仁氏が語る、国内におけるVR向けHMDムーブメントのこれまでとこれから―中村彰憲「ゲームビジネス新潮流」第46回

    VRの伝道師、GOROmanこと株式会社エクシヴィ代表取締役社長 近藤義仁氏が語る、国内におけるVR向けHMDムーブメントのこれまでとこれから―中村彰憲「ゲームビジネス新潮流」第46回

  4. 増田部長がゲームフリークに入社したきっかけとは ― ファンからの質問に回答

  5. 【コラム】『ファイナルファンタジーXV』と「リアル」の変質

  6. 【GDC 2014】家庭用ゲームと連携するコンパニオンアプリ、意味のあるアプリとは? 『アサシンクリード4』の事例

  7. 海外サイトが選ぶ「ゲームの政治家トップ10」−1位はやっぱり……?

  8. アークシステムワークスが『LoL』のRiot Gamesを訪問

  9. 【特集】マリオカートやエヴァ搭乗をVRで楽しめる「VR ZONE SHINJUKU」オープン─利用方法は? 要予約なの? まとめてご紹介

  10. 7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

アクセスランキングをもっと見る