人生にゲームをプラスするメディア

AOUショーでの投票で『マリオカート』が1位に

ゲームビジネス その他

2月18日と19日の両日に幕張メッセで開催されたAOU2005アミューズメント・エキスポの会場にて行われた人気投票で、ナムコが出展した『マリオカート アーケードグランプリ』が1位になったそうです。2位はセガの『三国志大戦』で、その差は僅か11票でした。

『マリオカート アーケードグランプリ』は任天堂とナムコのコラボレーションで誕生したタイトルで、このシリーズ初のアーケード作品となります。基盤にはゲームキューブをベースにした「トライフォース」が採用されていて、実稼動は秋になる予定です。

1. マリオカート アーケードグランプリ(764票) - ナムコ
2. 三国志大戦(753票) - セガ
3. 鋳薔薇(467票) - ケイブ
4. アイドルマスター(422票) - ナムコ
5. 麻雀ファイトクラブ(345票) - コナミ
6. SPECTRAL VS GENERATION(297票) - アイディアファクトリー
7. 雷電3(275票) - タイトー
8. ネオジオバトルコレクション(252票) - SNKプレイモア
9. 旋光の輪舞(220票) - グレフ
10. イニシャルDアーケードステージ3(210票) - セガ
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 『妖怪ウォッチ』の北米戦略とは―LEVEL-5 abby Inc.担当者インタビュー

    『妖怪ウォッチ』の北米戦略とは―LEVEL-5 abby Inc.担当者インタビュー

  2. 海外版メガドライブ新型「Sega Genesis Flashback」発表―ソフト80本以上内蔵、携帯機も【UPDATE】

    海外版メガドライブ新型「Sega Genesis Flashback」発表―ソフト80本以上内蔵、携帯機も【UPDATE】

  3. 【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

    【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

  4. カプコン川田Pと松江氏が明かす『バイオハザード アンブレラコア』のしくじり―反省から学ぶゲーム開発

  5. 海を超えた本当の意味での共同開発が結実した『ドラゴンボールオンライン』(1)

  6. 国内ゲーム人口は4,336万人、家庭用ゲーム機所有者数も明らかに ― 2016CESA一般生活者調査報告書

  7. 上・上・下・下・左・右……コナミコマンドで「Googleリーダー」に何かが起こる!

  8. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  9. 『ポケモンGO』全世界売上高は推定2億ドル―米調査会社が報告

  10. 今どきゲーム事情■中村彰憲:洋ゲー最前線:“天才の時代”復活?!デュラン・フィトラーの『Audiosurf』

アクセスランキングをもっと見る