人生にゲームをプラスするメディア

『バイオハザード4』米国で一月売上トップ、31万9000本

任天堂 GC

米国の調査機関NPDグループが発表した2005年1月の米国ゲームソフトウェア売上によれば、11日に発売されたゲームキューブ『バイオハザード4』が『グランドセフトオート3 サンアンドレアス』・『ニードフォースピード アンダーグラウンド2』・『ヘイロー2』などの強豪タイトルを上回って売上本数第一位だったそうです。31万9000本でした。

売上の第二位は『グランドセフトオート3 サンアンドレアス』で24万1000本、次いでルーカスアーツの『マーセナリーズ』で20万1000本、第三位はEAの『ニードフォースピード アンダーグラウンド2』で14万2000本でした。

『バイオハザード4』は国内の売上も加えると既に50万本を突破したことになります。過去のシリーズと比較すると、ゲームキューブでマメイクされた『バイオハザード』は米国で累計46万8000本、『バイオハザード0』は42万8000本で、今作はそのいずれの発売月の売上も超えています。
《土本学》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『スプラトゥーン2』ガチアサリで勝つためのコツ10選!新ルールのバトル前にはこれを読め!

    『スプラトゥーン2』ガチアサリで勝つためのコツ10選!新ルールのバトル前にはこれを読め!

  2. 『スプラトゥーン2』ガチアサリで注目したいブキ8選!これらのブキが勝利のカギ!?

    『スプラトゥーン2』ガチアサリで注目したいブキ8選!これらのブキが勝利のカギ!?

  3. 家族にしたいポケモン21選・後編!おいしい・ちょっと怖い・カッコいいポケモンたち

    家族にしたいポケモン21選・後編!おいしい・ちょっと怖い・カッコいいポケモンたち

  4. 【特集】『スーパーマリオ オデッセイ』小ネタ12選!知ればマリオの旅がもっと楽しくなる!?

  5. 任天堂、コントローラー訴訟で逆転勝利「特許侵害はなかった」

  6. 『ゼノブレイド2』天の聖杯「ホムラ」が1/7スケールフィギュア化!

  7. 任天堂の不思議なキャラ10選

  8. 『スプラトゥーン2』と『スプラトゥーン』の違い10選

  9. 『ゼノブレイド2』新要素「アドバンスドニューゲームモード」の詳細公開―強くてニューゲームとは一味違う?

  10. 『スプラトゥーン2』次回アプデでもう少しだけ強化して欲しいブキ8選(Ver.2.2.2時点)

アクセスランキングをもっと見る