人生にゲームをプラスするメディア

『バイオハザード4』米国で一月売上トップ、31万9000本

任天堂 GC

米国の調査機関NPDグループが発表した2005年1月の米国ゲームソフトウェア売上によれば、11日に発売されたゲームキューブ『バイオハザード4』が『グランドセフトオート3 サンアンドレアス』・『ニードフォースピード アンダーグラウンド2』・『ヘイロー2』などの強豪タイトルを上回って売上本数第一位だったそうです。31万9000本でした。

売上の第二位は『グランドセフトオート3 サンアンドレアス』で24万1000本、次いでルーカスアーツの『マーセナリーズ』で20万1000本、第三位はEAの『ニードフォースピード アンダーグラウンド2』で14万2000本でした。

『バイオハザード4』は国内の売上も加えると既に50万本を突破したことになります。過去のシリーズと比較すると、ゲームキューブでマメイクされた『バイオハザード』は米国で累計46万8000本、『バイオハザード0』は42万8000本で、今作はそのいずれの発売月の売上も超えています。
《土本学》

任天堂 アクセスランキング

  1. ミニスーパーファミコン「SNES Classic」海外で9月発売!幻の『スターフォックス2』も収録

    ミニスーパーファミコン「SNES Classic」海外で9月発売!幻の『スターフォックス2』も収録

  2. 「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」国内は10月5日発売、海外版とは少し違う収録タイトルも発表

    「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」国内は10月5日発売、海外版とは少し違う収録タイトルも発表

  3. 海外ミニファミコン版『ゼルダの伝説』たった1文字のタイプミスが30年越し修正

    海外ミニファミコン版『ゼルダの伝説』たった1文字のタイプミスが30年越し修正

  4. 『ゼルダの伝説 BotW』DLC第一弾「試練の覇者」の装備品を公式ブログで紹介─原典の解説や秘話なども

  5. SNES Classic生産台数はNES Classicより遥かに上―海外報道

  6. 任天堂、スイッチの品薄状態について声明発表―7月8月は出荷量を増やす

  7. 『ドラクエXI』堀井雄二×鳥山明×すぎやまこういちの“史上初座談会”が実現─制作の裏話を赤裸々に語る

  8. ミニファミコン海外版「NES Classic Editions」生産中止が決定

  9. 任天堂、ミニファミコンの生産を「一旦終了」と発表─生産再開は未定

  10. 小型ファミコン「Nintendo Classic Mini: NES」紹介映像―懐かしさこみ上げる

アクセスランキングをもっと見る