人生にゲームをプラスするメディア

D3パブリッシャーがフィールズの子会社に

ゲームビジネス その他

D3パブリッシャーはアミューズメント事業などを展開するフィールズを引き受け先とした第三者割当増資を3月8日に実施し、フィールズの子会社となることを発表しました。この結果フィールズのD3への出資比率は57.3%となります。

両社はこれまでもキャラクター版権などの分野で協力していて、2004年1月に資本提携を行ってきました。フィールズの子会社となることで業績予想等の変更はないとのこと。

またD3パブリッシャーは欧州のDigital Brosとの合弁会社D3DB S.r.l.をイタリアに設立することも発表しました。急成長する欧州市場を睨み、これまでのライセンス方式ではなく主体的に事業展開を行うのが目的だとのこと。出資比率は50%です。

D3パブリッシャーはTSUTAYAのカルチュアル・コンビニエンス・クラブのゲーム事業部が経営陣によるマネジメント・バイ・アウト方式で独立した会社です。
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 五感で楽しむVRマシン『VR センス』には『DOAX』も、新コンテンツ情報が公開

    五感で楽しむVRマシン『VR センス』には『DOAX』も、新コンテンツ情報が公開

  2. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

    「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  3. 川口博史、崎元仁、土屋昇平ら著名コンポーザーが日本のゲーム音楽を振り返る―黒川塾(二十弐)

    川口博史、崎元仁、土屋昇平ら著名コンポーザーが日本のゲーム音楽を振り返る―黒川塾(二十弐)

  4. 【CEDEC 2012】『シェルノサージュ』はどのようにクラウドサービスを導入したのか

  5. バンナム、平成29年3月期は増収増益―『ダクソIII』や『デレステ』人気

  6. 【GTMF2013】ヤマハによるアミューズメント向け次世代 GPU と開発環境

  7. ストーリー性も魅力なアイドルVR作品「トキメキメテオ」今春より展開、第一弾は倉持由香・星名美津紀が起用

  8. シンガポールが新しいゲームレーティング制度を導入

  9. 『FINAL FANTASY XIV: 新生エオルゼア』を支える中国のデベロッパー・・・バーチャスインタビュー(後編)

  10. 『妖怪ウォッチ』の北米戦略とは―LEVEL-5 abby Inc.担当者インタビュー

アクセスランキングをもっと見る