人生にゲームをプラスするメディア

『バイオハザード4』は「SOFTIMAGE|XSI」で開発期間を短縮

先月27日に発売された『バイオハザード4』の質の高さは多くの人を驚かせましたが、その開発にはAvid Technologyの発売するミドルウェア「SOFTIMAGE|XSI」が利用されたそうです。同社の公式サイトにてカプコンで本作のデザイナーを務めた平林良章氏がゲームのメイキングについて語っています。

任天堂 GC
先月27日に発売された『バイオハザード4』の質の高さは多くの人を驚かせましたが、その開発にはAvid Technologyの発売するミドルウェア「SOFTIMAGE|XSI」が利用されたそうです。同社の公式サイトにてカプコンで本作のデザイナーを務めた平林良章氏がゲームのメイキングについて語っています。

「今回のプロジェクトで前作との大きな変更点であり、かつ最も挑戦的でもあったことは演出ムービー部分は全てリアルタイムで描画させていることです」と平林氏は述べています。この為には全ての要素をリアルタイムにシームレスに繋ぐ必要がありますが、その部分で「SOFTIMAGE|XSI」はデータ調節などに力を発揮したそうです。

また『バイオハザード4』では前作の10倍を超える膨大な量のデータを処理する必要があったそうですが、この部分でもデータ管理や制作した各要素を実機で即座に確認できるシステムが有用だったとのことです。

「Animation Mixerはデザイナーにとってはインターフェースが直観的で分かりやすく、プログラマーにとってはオープンで柔軟なカスタマイズ環境が準備されています。このため今回のような短期の開発期間でもディレクターが要求したスピードやクオリティをさらに超える形で作業を進めることが実現出来たのだと思います」。
《土本学》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. SNK旧作導入、彩京参入、そして『イメージファイト』!――ハムスター、『アーケードアーカイブス』シリーズ新作を14+2タイトル発表【TGS2018】

    SNK旧作導入、彩京参入、そして『イメージファイト』!――ハムスター、『アーケードアーカイブス』シリーズ新作を14+2タイトル発表【TGS2018】

  2. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

    【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  3. 『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

    『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

  4. 『スプラトゥーン2』「つぶあん vs こしあん」フェスで勝ったのは“こしあん”!

  5. まだ遅くない!今から始める『スプラトゥーン2』初心者にオススメのブキ10選【特集】

  6. 『アーケードアーカイブス』シリーズ・ハムスターブースでは80~90年代の懐かしのタイトルがプレイ可能─多彩なステージイベントも【TGS2018】

  7. スイッチ版『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S』正式発表―タイトルに付いた「S」は“しゃべる”の意味!?

  8. 【特集】『スプラトゥーン2』地獄のバイト「サーモンラン」を生き残る8つの労働術

  9. 任天堂のゲームのトラウマ10選 ─ 思い出すだけで恐怖が蘇る!?

  10. 『MOTHER2』インパクトありすぎな敵キャラ10選

アクセスランキングをもっと見る