人生にゲームをプラスするメディア

坂口氏率いるミストウォーカーの新作はニンテンドーDSで

任天堂 DS

週刊ファミ通にミストウォーカーの坂口氏の独占インタビューが掲載されています。氏はニンテンドーDS向けにシミュレーションRPGを開発していることを明かしています。当初は据え置き型ハードでの開発を考えていたとのことですが、携帯ゲーム機の進化、特にDSのタッチスクリーンのようなインターフェース部分の進化に注目し、今回の開発につながったようです。

今回シミュレーションRPGというジャンルになったのは、タッチスクリーンとの相性がいいからだということです。その影響か、今のところはタッチペンだけでプレイできるゲームにしようかなという構想もあるようです。

また、今回はスクウェア・エニックスを独立した皆葉氏がアートディレクターを務めています。同氏は自分の会社を設立し、社名はデザイネイションだそうです。今は同氏が自由に絵を書いている段階でゲームのアイディアなども出しているそうです。

坂口氏の今作における役割はプロデューサー兼シナリオ兼ゲームデザインになるとのことです。ゲームの骨格を作りつつ、スタッフのアイディアをつなげていく役目になるそうです。まだ、構想レベルの話題ですが、今回の作品はチーム制、4,5人のパーティで行動するという形にするということが分かっています。普通のシミュレーションでは1対1ですが、グループ化することで、5対3などの戦いが出来るようになるそうです。そういう意味では従来のシミュレーションRPGよりはRPGよりになるのでしょう。

また、坂口氏の口からは「携帯ゲーム機はDSだけ」という心強いコメントも飛び出しています。タッチスクリーンを活用した新しいゲームシステムを確立して、それをシリーズとして継続していくイメージを持っているとのことです。もう一つ、大きな理由としては複数のハードに向けて作ると、それぞれのハードにしかない、独自の特徴が消されてしまうからだということです。まだ画面も無く大きな情報もありませんが、今後の続報に注目したいと思います。

任天堂のTouch-DS.jpには坂口氏がこの新作について話す映像が公開されています。坂口氏はシミュレーションRPGの大ファンでずっと長い間構想していたようですが、これでやっと実現できるという旨を述べています。
《》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

    『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

  2. 祝・一周年! これまでのアップデートで振り返る『スプラトゥーン2』の歴史

    祝・一周年! これまでのアップデートで振り返る『スプラトゥーン2』の歴史

  3. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

    【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  4. 『スプラトゥーン2』フェス「イカ vs タコ」の事前投票結果は拮抗!【読者アンケート】

  5. 『スマブラSP』ごうわんポケモン「キテルグマ」熾烈なアッパーは「やなかんじ~」?

  6. 「ニンテンドー3DS ウルトラサマーセール」前半のおすすめ20選!格安タイトルや遊びごたえバツグンな作品をピックアップ

  7. 『スプラトゥーン2』と『スプラトゥーン』の違い10選

  8. スイッチ/PS4『デジモンサヴァイブ』発表─あなたの選択でモンスターの進化が決定! サバイバルを生き抜け

  9. 『スプラトゥーン2』負けた時のストレスを軽減する8つの方法

  10. 『スプラトゥーン2』“今”はこのブキが強い!この10ブキを使いこなしてS+10を目指せ!【Ver.2.3.3編】

アクセスランキングをもっと見る