人生にゲームをプラスするメディア

坂口氏率いるミストウォーカーの新作はニンテンドーDSで

任天堂 DS

週刊ファミ通にミストウォーカーの坂口氏の独占インタビューが掲載されています。氏はニンテンドーDS向けにシミュレーションRPGを開発していることを明かしています。当初は据え置き型ハードでの開発を考えていたとのことですが、携帯ゲーム機の進化、特にDSのタッチスクリーンのようなインターフェース部分の進化に注目し、今回の開発につながったようです。

今回シミュレーションRPGというジャンルになったのは、タッチスクリーンとの相性がいいからだということです。その影響か、今のところはタッチペンだけでプレイできるゲームにしようかなという構想もあるようです。

また、今回はスクウェア・エニックスを独立した皆葉氏がアートディレクターを務めています。同氏は自分の会社を設立し、社名はデザイネイションだそうです。今は同氏が自由に絵を書いている段階でゲームのアイディアなども出しているそうです。

坂口氏の今作における役割はプロデューサー兼シナリオ兼ゲームデザインになるとのことです。ゲームの骨格を作りつつ、スタッフのアイディアをつなげていく役目になるそうです。まだ、構想レベルの話題ですが、今回の作品はチーム制、4,5人のパーティで行動するという形にするということが分かっています。普通のシミュレーションでは1対1ですが、グループ化することで、5対3などの戦いが出来るようになるそうです。そういう意味では従来のシミュレーションRPGよりはRPGよりになるのでしょう。

また、坂口氏の口からは「携帯ゲーム機はDSだけ」という心強いコメントも飛び出しています。タッチスクリーンを活用した新しいゲームシステムを確立して、それをシリーズとして継続していくイメージを持っているとのことです。もう一つ、大きな理由としては複数のハードに向けて作ると、それぞれのハードにしかない、独自の特徴が消されてしまうからだということです。まだ画面も無く大きな情報もありませんが、今後の続報に注目したいと思います。

任天堂のTouch-DS.jpには坂口氏がこの新作について話す映像が公開されています。坂口氏はシミュレーションRPGの大ファンでずっと長い間構想していたようですが、これでやっと実現できるという旨を述べています。
《》

任天堂 アクセスランキング

  1. 任天堂、竹田玄洋氏の退任を発表―「NINTENDO64」以降の据え置き機開発に携わる

    任天堂、竹田玄洋氏の退任を発表―「NINTENDO64」以降の据え置き機開発に携わる

  2. 『スプラトゥーン2』「オオモノシャケ」は1種類じゃない!重なる鍋に乗った謎のシャケなども登場

    『スプラトゥーン2』「オオモノシャケ」は1種類じゃない!重なる鍋に乗った謎のシャケなども登場

  3. 任天堂、平成29年3月期決算を発表─『ゼルダの伝説 BotW』は合算で384万本、ニンテンドースイッチは274万台を販売

    任天堂、平成29年3月期決算を発表─『ゼルダの伝説 BotW』は合算で384万本、ニンテンドースイッチは274万台を販売

  4. 4月27日で『星のカービィ』は25周年!関係各所からお祝いコメントが公開

  5. 「ニャニャニャ! ネコマリオタイム」『ゼルダの伝説 BotW』で風の力を借りずにイカダを動かす方法とは? “ウルトラミニターボ”実装の『マリカ8 DX』にも迫る

  6. 『スプラトゥーン2』セブン-イレブン限定グッズ&一番くじの画像が公開、タンブラーやアイロンビーズなど

  7. 「マリオ」や「ルイージ」たちが切手に!グリーティング切手「スーパーマリオ」6月28日より発行

  8. 【レポート】『モンスターハンターダブルクロス』セミナー開催―参加者がモンスターデザインから学んだこと

  9. 【特集】『ゼルダの伝説 BotW』勇者のためのライフハック!冒険がちょっと楽しくなる6項目

  10. トヨタホームの展示場で『マリオカート8 DX』が遊べる! ニンテンドースイッチなどが当たる抽選会も

アクセスランキングをもっと見る