人生にゲームをプラスするメディア

AIASアワードが発表に、任天堂は4作品で受賞

ゲームビジネス その他

2月1日からラスベガスで開催されたD.I.C.E.サミットにて2004年に発売され大きな業績を上げたゲームを表彰する第8回Annual Interactive Achievement Awardsの発表が行われました。Academy of Interactive Arts & Sciences(AIAS)に加盟する開発者の投票によって決定されたもので、任天堂からは4作品が受賞しました。

AIAS代表のJoseph Olin氏は「この賞はゲーム業界がこの年で最も優れたゲームを披露する大切な場です。本年の勝者は単にその年に発売され最も人気を得たタイトルであるというだけでなく、その年に具体化され業界を牽引した思想と革新性を象徴します」と述べています。

ゲーム・オブ・ザ・イヤー(大賞)[GOTY]
・総合 : Half-Life 2(ビベンディ/Valve)
・家庭用: Halo 2(マイクロソフト/バンジー)
・PC  : Half-Life 2(ビベンディ/Valve)

イノベーションアワード(革新性)
・家庭用: 塊魂(ナムコ)
・PC  : Half-Life 2(ビベンディ/Valve)

クラフトアワード(技術賞)
・アートディレクション: Half-Life 2(ビベンディ/Valve)
・アニメーション: Half-Life 2(ビベンディ/Valve)
・キャラクターパフォーマンス[男性]: Half-Life 2(ビベンディ/Valve) - Robert Guillaume
・キャラクターパフォーマンス[女性]: ゴールデンアイ: ダークエージェント - Judy Dench
・サウンドトラック: Grand Theft Auto: San Andreas (ロックスター/ノース)
・オリジナルミュージック: Fable(マイクロソフト/ビッグブルーボックス)
・サウンドデザイン: Halo 2(マイクロソフト/バンジー
・ゲームプレイエンジニアリング: Half-Life 2(ビベンディ/Valve)
・オンラインゲームプレイ: Halo 2(マイクロソフト/バンジー)
・ビジュアルエンジニアリング: Half-Life 2(ビベンディ/Valve)
・ゲームデザイン: 塊魂(ナムコ)
・キャラクター/ストーリー制作: Fable(マイクロソフト/ビッグブルーボックス)

ジャンルアワード[A 家庭用]
・プラットフォームアクション/アドベンチャー: プリンスオブペルシャ ウォリアーウィズイン(ユービーアイ/モントリオール)
・アクション/アドベンチャー: Grand Theft Auto: San Andreas (ロックスター/ノース)
・アクションスポーツ: トニーホークアンダーグラウンド2(アクティビジョン/ネバーソフト)
・ファーストパーソンシューター: Halo 2(マイクロソフト/バンジー)
・チルドレンズタイトル: Sly Cooper 2(SCEA/サッカーパンチ)
・ファミリーゲーム: ドンキーコンガ(任天堂/ナムコ)
・ファイティングゲーム: モータルコンバット デセプション(ミッドウェイ/シカゴ)
・レーシングゲーム: バーンアウト3(EA/クライテリオン)
・ロールプレイングゲーム: ペーパーマリオRPG(任天堂/インテリジェントシテムズ)
・スポーツシミュレーション: ESPN NFL 2K5(セガ/ビジュアルコンセプト)

ジャンルアワード[B 携帯機]
・ワイヤレスゲームオブザイヤー: スーパーマリオ64DS(任天堂)
・ハンドヘルドゲームオブザイヤー: メトロイドゼロミッション(任天堂)

PCゲーム等もありますが省略します。
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【コラム】『ペルソナ5』の海外高評価と“ジャンルとしての”JRPG

    【コラム】『ペルソナ5』の海外高評価と“ジャンルとしての”JRPG

  2. 美少女に癒やされたい人必見?まったりVRババ抜き『OldMaidGirl』Steam配信開始

    美少女に癒やされたい人必見?まったりVRババ抜き『OldMaidGirl』Steam配信開始

  3. 7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

    7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

  4. 【コラム】『ファイナルファンタジーXV』と「リアル」の変質

  5. VRの伝道師、GOROmanこと株式会社エクシヴィ代表取締役社長 近藤義仁氏が語る、国内におけるVR向けHMDムーブメントのこれまでとこれから―中村彰憲「ゲームビジネス新潮流」第46回

  6. アークシステムワークスが『LoL』のRiot Gamesを訪問

  7. 社内コンテストから始まった『夢王国と眠れる100人の王子様』――開発までの経緯をプロデューサーが語るセミナー開催

  8. スパイク・チュンソフト、オフィシャルサイト本日オープン ― コーポレートロゴも公開

  9. 増田部長がゲームフリークに入社したきっかけとは ― ファンからの質問に回答

  10. 【GDC 2014】家庭用ゲームと連携するコンパニオンアプリ、意味のあるアプリとは? 『アサシンクリード4』の事例

アクセスランキングをもっと見る