人生にゲームをプラスするメディア

AIASアワードが発表に、任天堂は4作品で受賞

ゲームビジネス その他

2月1日からラスベガスで開催されたD.I.C.E.サミットにて2004年に発売され大きな業績を上げたゲームを表彰する第8回Annual Interactive Achievement Awardsの発表が行われました。Academy of Interactive Arts & Sciences(AIAS)に加盟する開発者の投票によって決定されたもので、任天堂からは4作品が受賞しました。

AIAS代表のJoseph Olin氏は「この賞はゲーム業界がこの年で最も優れたゲームを披露する大切な場です。本年の勝者は単にその年に発売され最も人気を得たタイトルであるというだけでなく、その年に具体化され業界を牽引した思想と革新性を象徴します」と述べています。

ゲーム・オブ・ザ・イヤー(大賞)[GOTY]
・総合 : Half-Life 2(ビベンディ/Valve)
・家庭用: Halo 2(マイクロソフト/バンジー)
・PC  : Half-Life 2(ビベンディ/Valve)

イノベーションアワード(革新性)
・家庭用: 塊魂(ナムコ)
・PC  : Half-Life 2(ビベンディ/Valve)

クラフトアワード(技術賞)
・アートディレクション: Half-Life 2(ビベンディ/Valve)
・アニメーション: Half-Life 2(ビベンディ/Valve)
・キャラクターパフォーマンス[男性]: Half-Life 2(ビベンディ/Valve) - Robert Guillaume
・キャラクターパフォーマンス[女性]: ゴールデンアイ: ダークエージェント - Judy Dench
・サウンドトラック: Grand Theft Auto: San Andreas (ロックスター/ノース)
・オリジナルミュージック: Fable(マイクロソフト/ビッグブルーボックス)
・サウンドデザイン: Halo 2(マイクロソフト/バンジー
・ゲームプレイエンジニアリング: Half-Life 2(ビベンディ/Valve)
・オンラインゲームプレイ: Halo 2(マイクロソフト/バンジー)
・ビジュアルエンジニアリング: Half-Life 2(ビベンディ/Valve)
・ゲームデザイン: 塊魂(ナムコ)
・キャラクター/ストーリー制作: Fable(マイクロソフト/ビッグブルーボックス)

ジャンルアワード[A 家庭用]
・プラットフォームアクション/アドベンチャー: プリンスオブペルシャ ウォリアーウィズイン(ユービーアイ/モントリオール)
・アクション/アドベンチャー: Grand Theft Auto: San Andreas (ロックスター/ノース)
・アクションスポーツ: トニーホークアンダーグラウンド2(アクティビジョン/ネバーソフト)
・ファーストパーソンシューター: Halo 2(マイクロソフト/バンジー)
・チルドレンズタイトル: Sly Cooper 2(SCEA/サッカーパンチ)
・ファミリーゲーム: ドンキーコンガ(任天堂/ナムコ)
・ファイティングゲーム: モータルコンバット デセプション(ミッドウェイ/シカゴ)
・レーシングゲーム: バーンアウト3(EA/クライテリオン)
・ロールプレイングゲーム: ペーパーマリオRPG(任天堂/インテリジェントシテムズ)
・スポーツシミュレーション: ESPN NFL 2K5(セガ/ビジュアルコンセプト)

ジャンルアワード[B 携帯機]
・ワイヤレスゲームオブザイヤー: スーパーマリオ64DS(任天堂)
・ハンドヘルドゲームオブザイヤー: メトロイドゼロミッション(任天堂)

PCゲーム等もありますが省略します。
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【E3 2017】恐竜サバイバルMMO『Durango』試遊&インタビュー!―「お寿司は高級料理です」

    【E3 2017】恐竜サバイバルMMO『Durango』試遊&インタビュー!―「お寿司は高級料理です」

  2. 7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

    7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

  3. 編集部が選ぶ「E3 Japan Awards 2017」受賞タイトルを発表!

    編集部が選ぶ「E3 Japan Awards 2017」受賞タイトルを発表!

  4. 株式会社ディンゴが倒産、編集部でも確認―代表作は『フォトカノ』『初音ミク -Project DIVA-』

  5. 『逆転裁判』は如何にして産まれたのか、江城元秀氏と巧舟氏が語る――『逆転裁判』特別法廷セミナーレポート・前編

  6. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  7. 二年連続の受賞で貫禄を見せた「GMOアプリクラウド」・・・アプリクラウドアワード2013受賞記念インタビュー

  8. イマジニア、連結子会社であるロケットカンパニーを吸収合併 ─ 『メダロット』の版権はイマジニアに集約

  9. 【ゲーム×法律】子どもがゲームに高額課金、親は取り戻せるのか?

  10. 虎ノ門ヒルズに引っ越したNHN PlayArtのこだわり新オフィスに行ってきた

アクセスランキングをもっと見る