人生にゲームをプラスするメディア

NOEが3500万ユーロの「Touch Me!」キャンペーンを展開

任天堂 DS

任天堂オブヨーロッパは3月11日のニンテンドーDS発売に向けて、テレビ、雑誌、ショップ、オンラインなどで過去最大規模のマーケティングキャンペーン「Touch Me!」を展開すると発表しました。日本は「Touch!」、米国は「Touching is Good」、欧州は「Touch Me!」です。

欧州マーケティング担当シニアディレクターのJim Merrick氏は「タッチスクリーンはプレイヤーに直接的で速く正確なコントロールを提示し、指先の全ての力を使うことを可能にします。触ることは私達の5感の1つですが、ニンテンドーDSのマーケティングのコンセプトは、現実の世界でもし触ることで全てのことが可能ならどうなるか、というものです」と述べています。

マーケティングキャンペーンはドイツの広告代理店Jung von Mattが企画し、2月上旬から導入版のテレビ広告や雑誌広告が開始されます。テレビ広告は、ある時偶然にも指の力に気が付いた10代の少年が登場します。発売前には、この少年の一日を描きます。撮影はブエノスアイレスで行われ、制作はRichard D'AlessioとRadical Mediaが担当しました。

ニンテンドーDSは実際に体験してみることが何よりの広告になります。そこで任天堂では欧州各地の主要ゲームショップ7000店舗以上に試遊台を設けます。

オンラインサイトは2004年12月から既にオープンしていますが、2月からは正式にオープンし、ニンテンドーDSの特徴や同時発売ラインナップの詳しい説明などを紹介します。加えてダイレクトメールなども利用されます。
《土本学》

任天堂 アクセスランキング

  1. 「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」予約状況や収録タイトルなど、現時点での情報まとめ

    「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」予約状況や収録タイトルなど、現時点での情報まとめ

  2. 【レポート】スイッチ版『モンハン ダブルクロス』を体験!PROコン&Joyコンの操作性は如何に

    【レポート】スイッチ版『モンハン ダブルクロス』を体験!PROコン&Joyコンの操作性は如何に

  3. 【特集】同じタイトルでもこんなに違う!日本と海外のミニスーファミ収録タイトルのパッケージを比較してみた

    【特集】同じタイトルでもこんなに違う!日本と海外のミニスーファミ収録タイトルのパッケージを比較してみた

  4. 「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」国内は10月5日発売、海外版とは少し違う収録タイトルも発表

  5. 『ゼルダの伝説 BotW』追加DLCの装備「ミドナの冠」を紹介! ミドナの意外な原点も判明

  6. 【Nintendo Switch DL販売ランキング】『ARMS』2週連続首位獲得、『オーシャンホーン』初登場ランクイン(6/27)

  7. ミニスーパーファミコン「SNES Classic」海外で9月発売!幻の『スターフォックス2』も収録

  8. 3DS『カービィのすいこみ大作戦』7月4日に配信! ローソンでは「星のカービィキャンペーン」を実施

  9. SNES Classic生産台数はNES Classicより遥かに上―海外報道

  10. 任天堂、ミニファミコンの生産を「一旦終了」と発表─生産再開は未定

アクセスランキングをもっと見る