人生にゲームをプラスするメディア

Kujuがジョージ・A・ロメロ監督の映画をゲーム化

ゲームビジネス その他

Hip InteractiveとKuju Entertainmentは映画「ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド 死霊創世紀」で知られるジョージ・A・ロメロ監督をゲーム化していると発表しました。作品は数作品が予定されていて、現在第一作目をKujuが開発しているそうです。

ジョージ・A・ロメロ監督はホラー映画で知られています。どの映画がゲーム化されることになったのかは明らかにされていませんが、「ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド 死霊創世紀」や「ドーン・オブ・ザ・デッド」も候補です。

KujuのIan Baverstock氏は「私達はホラー界で認められているジョージ・A・ロメロ監督の作ったゾンビや恐怖をゲームプレイヤーの為に提供できることにとても興奮しています」とコメントしています。

Kuju Entertainmentは大ヒットした『Call of Duty:Finest Hour』や『Warhammer 40,000:Fire Warrior』、ゲームキューブ向けに開発中の『ファミコンウォーズ最新作』で知られています。
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 美少女とVRリズムアクションを楽しめる『エアトーン』がハウステンボスに登場、4月28日より

    美少女とVRリズムアクションを楽しめる『エアトーン』がハウステンボスに登場、4月28日より

  2. 【めざせクリエイター! Shadeで始める3DCG】第7回:3Dモデリングを教わってみた:Shade11実践編

    【めざせクリエイター! Shadeで始める3DCG】第7回:3Dモデリングを教わってみた:Shade11実践編

  3. 任天堂、米国の小売向けソリューションを提供するSIRAS.comをInCommに売却

    任天堂、米国の小売向けソリューションを提供するSIRAS.comをInCommに売却

  4. インディゲームの祭典「A 5th of BitSummit」出展者97組が決定!

  5. 【DEVELOPER'S TALK】『ドラッグ オン ドラグーン』のスタッフが再集結!PS3とXbox360で異なる主人公を描いた『ニーア レプリカント/ニーア ゲシュタルト』に迫る

  6. 【CEDEC 2016】原作再現、フェイシャル誇張からフェチズムまで ─ これからの3Dアニメ表現について考える

  7. 【GDC 2015】App StoreやGoogle Playでフィーチャーされる秘訣は「ビックマック」にあり!?

  8. アジアオリンピック評議会が「e-Sports」を競技種目に―2018年「アジア競技大会」から本格デモ導入

  9. 【GDC2012】Folditに続け!塩基配列を元にしたシリアスゲーム「Phylo」とは?

  10. 「ゲーム機は次の世代で最後になる」-次に来るのは果たして?

アクセスランキングをもっと見る