人生にゲームをプラスするメディア

家族にぴったりのビデオゲームトップ10―米GameCrazy

ゲームビジネス その他

米国で急成長を続けているゲームショップのGameCrazyは家族で遊ぶのにぴったりなゲームトップ10を発表しました。家族でゲームをしたいなら任天堂ハードを買うべきだということのようです。

1. スーパーマリオ64DS(DS)
2. キングダムハーツ チェイン・オブ・メモリーズ(GBA)
3. ペーパーマリオRPG(GC)
4. ポケモン ファイアレッド(GBA)
5. マリオパーティ6(GC)
6. ファイナルファンタジーI&II(GBA)
7. ドンキーコンガ(GC)
8. 星のカービィ 鏡の大迷宮(GBA)
9. ポケモン リーフグリーン(GBA)
10. 大乱闘スマッシュブラザーズDX(GC)

「このホリデーシーズンは家族で遊ぶのには最高のものでした。私達は親や子供がゲームを先に試せることや家族で一緒に遊べることを重視することを知りました。また親は年齢的に合うか、内容が適切か、ということを大切にします」とGameCrazyのRandall Baumberger社長は述べました。
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 『逆転裁判』は如何にして産まれたのか、江城元秀氏と巧舟氏が語る――『逆転裁判』特別法廷セミナーレポート・前編

    『逆転裁判』は如何にして産まれたのか、江城元秀氏と巧舟氏が語る――『逆転裁判』特別法廷セミナーレポート・前編

  2. 7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

    7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

  3. 編集部が選ぶ「E3 Japan Awards 2017」受賞タイトルを発表!

    編集部が選ぶ「E3 Japan Awards 2017」受賞タイトルを発表!

  4. 『大逆転裁判2』の作業量は前作の倍!? ローカライズ裏話も――『逆転裁判』特別法廷セミナーレポート・後編

  5. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  6. レベルファイブが開発拠点「LEVEL5 comcept」を大阪に設立―同拠点の手掛ける新作ゲームの情報も

  7. PSVR『クーロンズゲートVR』始動! あの「九龍城」が蘇る

  8. 「GTMF2017」の事前来場者登録を受付開始─開発&運営ソリューションが一堂に会するイベント

  9. グラビアアイドル×VR=けしからん!パノラマ動画「VRガール」公開

  10. 『鉄拳7』が英国初登場1位!―シリーズ作として『鉄拳3』以来

アクセスランキングをもっと見る