人生にゲームをプラスするメディア

北米でのニンテンドーDS売上は130万台を突破―2005CES

任天堂 DS

ゲーム業界は携帯ゲーム機のラッシュ、特にニンテンドーDSのラッシュで2004年を締めくくりました。新しい年のスタートはこれを継続し、北米で130万人の新しいゲームを体験し、今までには有り得なかった方法で対話するニンテンドーDSオーナーと共に始まります。ラスベガスのConsumer Electronics Showから、任天堂は2005年Q1に新しく計画する、綺麗な絵よりも多くの意味が携帯ゲームにあることを証明し、このコミュニティを拡張するだろうゲームを発表します。

任天堂オブアメリカは米国ラスベガスで開催されている2005 Consumer Electronics Show(CES)から、11月21日に発売したニンテンドーDSの北米地域での販売台数が130万台を超えたことを発表しました。

「ゲームメーカーやユーザーはニンテンドーDSのほんの可能性に触れたに過ぎません。2005年に私達は2004年に体験した興奮を続けるでしょう」と任天堂オブアメリカ上級副社長セールス&マーケティングのジョージ・ハリスン氏はコメントしています。

ニンテンドーDSでは120タイトル以上が開発されています。代表的なものは『ニード・フォー・スピード・アンダーグラウンド2(EA)』、『さわるメイドインワリオ』、『ポケモンダッシュ』、『ヨッシーのタッチ&ゴー(任天堂)』、『レトロアタリクラシックス(アタリ)』などです。更にGBAとの互換によって500以上のラインナップを利用することができます。

2004年に800万台が売れたGBAも引き続き強力なラインナップです。『まわるメイドインワリオ』、『ゼルダの伝説〜ふしぎのぼうし』、『ファイアーエムブレム 聖魔の光石』、『ポケットモンスター エメラルド(任天堂)』、『エースコンバットアドバンス』、『クロノア2(ナムコ)』、『バンジョーパイロット(THQ)』が主なタイトルです。

ゲームキューブも豊富なラインナップが揃います。『スターフォックス アサルト』、『ガイスト』、『ドンキーコンガ2』、『ドンキーコング ジャングルビート(任天堂)』、『biohazard 4』、『キラー7(カプコン)』、『NBAストリートV3(EA)』、『スプリンターセル カオス・セオリー(UBI)』、『モータルコンバット(ミッドウェイ)』、そして『ゼルダの伝説』など60タイトル以上が開発中です。
《土本学》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

    【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  2. 『スマブラSP』は初代からどのくらい進歩した!? ファイターは60体以上増加、楽曲は30倍以上に!

    『スマブラSP』は初代からどのくらい進歩した!? ファイターは60体以上増加、楽曲は30倍以上に!

  3. 『スプラトゥーン2』7月上旬の環境では何が流行ってる?人気の戦法8選

    『スプラトゥーン2』7月上旬の環境では何が流行ってる?人気の戦法8選

  4. 『スマブラSP』は最高傑作になるか? 本作の気になる8つのポイント

  5. 「あなたが予想する、『スマブラSP』に新参戦しそうなファイターは?」結果発表― バンダナを巻いたアイツやサルベージャーの少年などが登場!【読者アンケート】

  6. 任天堂なのにセクシーなゲームキャラ10選

  7. 『マリオカート8 デラックス』初心者ドライバーが勝つための8つのポイント

  8. スイッチ版『大乱闘スマッシュブラザーズ』に参戦したら嬉しいゲストキャラ10選

  9. 【特集】『スーパーマリオ オデッセイ』小ネタ12選!知ればマリオの旅がもっと楽しくなる!?

  10. 【特集】『星のカービィ』シリーズ、絶対に忘れられないシーン10選

アクセスランキングをもっと見る