人生にゲームをプラスするメディア

「クラブニンテンドーオリジナルeカタログ2004」

ゲームビジネス その他

以前のNOMで紹介されていた「クラブニンテンドーオリジナルeカタログ2004」がゴールド会員・プラチナ会員を対象に配布されているようです。最新作の映像や体験版が収録されているゲームキューブディスクです。

体験版が遊べるのは『NARUTO-ナルト-激闘忍者大戦!3』と『ビューティフルジョー2 ブラックフィルムの謎』です。そのほかのゲームは説明だけのものとムービーが用意されているものがあります。ニンテンドーワールドTouch!DSで上映されていたニンテンドーDSのムービーも収録されています。

発売日などは全て公表済みのもので特に新しいものはありませんでした。

収録タイトル

ゲームキューブ
・NARUTO-ナルト-激闘忍者大戦!3 (体験版/ムービー)
・ビューティフルジョー2 ブラックフィルムの謎 (体験版/ムービー)
・スターフォックス アサルト (ムービー)
・メトロイドプライム2 ダークエコーズ (ムービー)
・マリオパーティ6 (ムービー)
・マリオテニスGC (ムービー)
・機動戦士ガンダムvsZガンダム (ムービー)
・スーパーロボット大戦GC (ムービー)
・HOMELAND (ムービー)
・ピクミン2 (ムービー)

ニンテンドーDS
・さわるメイドインワリオ
・スーパーマリオ64DS
・ポケモンダッシュ
・大合奏!バンドブラザーズ
・直感ヒトフデ
・タッチ!キャッチ!ヨッシー!
・Nintendogs
・マリオカートDS
・アナザーコード 2つの記憶
・Metroid Prime Hunters Tournament
・アドバンスウォーズDS
・役満DS
・ミスタードリラードリルスピリッツ
・研修医 天堂独太
・ザ・アーブズ シムズ・イン・ザ・シティ
・ZOO KEEPER
・きみのためなら死ねる
・COOL 104 JOKER & SETLINE
・麻雀大会
・ぷよぷよフィーバー
・テニスの王子様 2005 CRYSTAL DRIVE
・エッグモンスターヒーロー
・パックピクス
・メテオス
・がんばれゴエモン
・実践パチスロ必勝法 北斗の拳DS

ゲームボーイアドバンス
・ポケットモンスターエメラルド
・まわるメイドインワリオ
・ゼルダの伝説 ふしぎのぼうし
・ファイアーエムブレム 聖魔の光石
・ゲームボーイアドバンスウォーズ1+2
・テイルズオブザワールド なりきりダンジョン3
・キングダムハーツチェインオブメモリーズ
・ロックマンエグゼ5 チーム・オブ・カーネル
・スーパーロボット大戦 ORIGINAL GENERATION 2
・機動戦士ガンダムSEED DISTINY
・黄金のガッシュベル うなれ友情の電撃2
・パワプロクンポケット7
・ドラゴンボールアドバンスアドベンチャー
・FINAL FANTASY I・II ADVANCE

半年に一回くらいこういうディスクが配られると嬉しいですね。ちなみに収録されているムービーはDivX形式のようです。多少画質は落ちます。







《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. ポケモンはここで作られる!ゲームフリーク訪問記(前編)

    ポケモンはここで作られる!ゲームフリーク訪問記(前編)

  2. 【NDC17】Amazon Game Studiosシニアプロデューサーが語る、『Breakaway』10の改善点とは?

    【NDC17】Amazon Game Studiosシニアプロデューサーが語る、『Breakaway』10の改善点とは?

  3. 7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

    7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

  4. セガ、休眠中の有力ゲームIPをリバイバルへ―新規IPへの挑戦も計画

  5. 【NDC17】IPが成功するためのコツとは?『三國志』IPプロデューサーの語る第一条件

  6. 【NDC17】『HIT』のグローバルでの成長方法―各国の売上や人気キャラも明らかに

  7. 「GTMF2017」の事前来場者登録を受付開始─開発&運営ソリューションが一堂に会するイベント

  8. ミストウォーカー、新作タイトルで現代アーティストの小松美羽とコラボを実施 ─ 個展には描き下ろし作品が展示中

  9. 株式会社ディンゴが倒産、編集部でも確認―代表作は『フォトカノ』『初音ミク -Project DIVA-』

  10. 『逆転裁判』は如何にして産まれたのか、江城元秀氏と巧舟氏が語る――『逆転裁判』特別法廷セミナーレポート・前編

アクセスランキングをもっと見る