人生にゲームをプラスするメディア

Video Game Awards 2004発表、任天堂は2部門で受賞

米国のケーブルテレビ局Spike TVが毎年開催しているゲームアワードのSpike TV Video Game Awards 2004の発表会が開催されました。任天堂からはベスト携帯機ゲームで『メトロイドゼロミッション』が、ベスト新テクノロジでニンテンドーDSが選ばれました。

ゲームビジネス その他
米国のケーブルテレビ局Spike TVが毎年開催しているゲームアワードのSpike TV Video Game Awards 2004の発表会が開催されました。任天堂からはベスト携帯機ゲームで『メトロイドゼロミッション』が、ベスト新テクノロジでニンテンドーDSが選ばれました。

この他の受賞作品は以下の通りです。ノミネート作品を含むリストはリンク先を参照してください(太字が受賞作品で、細字のものがノミネートされたものです)。

・Grand Theft Auto: San Andreas(ゲームオブザイヤー)
・The Chronicles of Riddick: Escape From ButcherBay(ベスト映画原作ゲーム)
・Brooke Burke - Need for Speed Underground 2(ベスト女性キャラ)
・Samuel L. Jackson - Grand Theft Auto: San Andreas(ベスト男性キャラ)
・BloodRayne - BloodRayne 2(ベスト熱くてうるさいキャラ)
・Burnout 3: Takedown(ベストレースゲーム)
・Madden NFL 2005(ベストスポーツゲーム)
・Mortal Kombat: Deception(ベスト格闘ゲーム)
・Grand Theft Auto: San Andreas(ベストアクションゲーム)
・Halo 2(ベストFPSゲーム)
・Green Day - American Idiot Madden NFL 2005(ベストゲーム内ソング)
・Grand Theft Auto: San Andreas(ベストサウンドトラック)
・Jason Jones/Bungie Studios - Halo 2 (ゲームデザイナーオブザイヤー)
・Burnout 3: Takedown(視聴者が選ぶベスト熱中ゲーム)
・Game Informer(ファンが選ぶベストゲーム雑誌)
・http://www.gamespot.com(ファンが選ぶベストゲームサイト)
・Call of Duty: Finest Hour(ベストミリタリーゲーム)
・Half-Life 2(ベストPCゲーム)
・Might and Magic(ベストワイヤレスゲーム)
・Half-Life 2(ベストグラフィックス)
・ニンテンドーDS(ベスト新テクノロジー)
・メトロイドゼロミッション(ベスト携帯ゲーム)
・City of Heroes(ベストマルチプレイヤーゲーム)
・Fable(ベストRPG)
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. スマホゲーム業界のマーケティングカオスマップ(β版)が公開―ゲームのライフサイクルに合わせる形で分類・整理

    スマホゲーム業界のマーケティングカオスマップ(β版)が公開―ゲームのライフサイクルに合わせる形で分類・整理

  2. 国内ゲーム人口は4,336万人、家庭用ゲーム機所有者数も明らかに ― 2016CESA一般生活者調査報告書

    国内ゲーム人口は4,336万人、家庭用ゲーム機所有者数も明らかに ― 2016CESA一般生活者調査報告書

  3. JeSU「eSPORTS 国際チャレンジカップ」を2019年1月に開催─賞金総額は4タイトル合計で1,500 万円

    JeSU「eSPORTS 国際チャレンジカップ」を2019年1月に開催─賞金総額は4タイトル合計で1,500 万円

  4. 【CEDEC 2012】内製ツールで効率化は達成できるのか? ― スクウェア・エニックスの場合

  5. 【DEVELOPER'S TALK】据え置き機から携帯ゲーム機へ~追加要素満載でリメイクされた『ペルソナ3ポータブル』開発陣に聞く

  6. プレイステーション3版『頭文字D EXTREME STAGE』・・・開発者に聞く

  7. 川島隆太教授、『脳トレ』のロイヤリティは受け取らず

  8. 【特集】ゲーマーのための「PayPal」ガイド―使い方や登録方法を解説!

  9. 【TGS2016】二次元美少女に触れられるVRデモ、壊れる

  10. 【CEDEC 2013】「飯野賢治は最後まで"ゲームクリエイター"だった」故・飯野賢治氏らが受賞したCEDEC AWARDSレポート

アクセスランキングをもっと見る