人生にゲームをプラスするメディア

『マリオテニス』と『ジャングルビート』は2月に欧州で発売

ゲームビジネス その他

任天堂オブヨーロッパはゲームキューブ向け『マリオテニスGC』を2月25日に、同『ドンキーコング ジャングルビート』を2月4日に、ゲームボーイアドバンス向け『ぶらぶらドンキー(DK: King of Swing)』を2月4日に発売すると発表しました。

『ドンキーコング ジャングルビート』は「タルコンガ」を使ったアクションゲーム。左右のコンガ+拍手だけの簡単な操作ながら、一風変わった爽快感のあるアクションを実現しています。国内では12月16日に発売、価格はタルコンガ同梱版が6800円、単体版が5800円です。

『ぶらぶらドンキー』はGBAのLボタンとRボタンを使った少し変わったアクションゲームで、King K Roolに盗まれてしまった、それを持った者が「ジャングルのヒーロー」と呼ばれることになるメダルを取り戻すというストーリーです。国内での発売時期は未定です。
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 「A 5th of BitSummit」にゲームフリーク開発者ら登壇!公式サイトもリニューアルオープン

    「A 5th of BitSummit」にゲームフリーク開発者ら登壇!公式サイトもリニューアルオープン

  2. 【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

    【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

  3. コーエーテクモ、業績予想を下方修正―『仁王』好調も『無双☆スターズ』想定下回る

    コーエーテクモ、業績予想を下方修正―『仁王』好調も『無双☆スターズ』想定下回る

  4. 「攻殻機動隊」VRアプリが配信スタート サイバー感溢れる映像が360度で展開

  5. インディゲームの祭典「A 5th of BitSummit」出展者97組が決定!

  6. スマホゲームのマーケティング専門家集団、AppBroadCastが目指す「脱・リワード依存」

  7. 株式会社ディンゴが倒産、編集部でも確認―代表作は『フォトカノ』『初音ミク -Project DIVA-』

  8. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  9. なぜ「アイカツ」のライブ映像は、ユーザーを魅了するのか…製作の裏側をサムライピクチャーズ谷口氏が語る

  10. 【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

アクセスランキングをもっと見る