人生にゲームをプラスするメディア

カナダの任天堂のコマーシャル

GameCubeAdvancedにてカナダで放映されている任天堂のCMが4種類公開されています。2つは『メトロイドプライム2 エコーズ』、2つはNOCが展開している「TOO MUCH FUN」をコンセプトにしたものです。

ゲームビジネス その他
GameCubeAdvancedにてカナダで放映されている任天堂のCMが4種類公開されています。2つは『メトロイドプライム2 エコーズ』、2つはNOCが展開している「TOO MUCH FUN」をコンセプトにしたものです。

Ashley」は昔の友達について女性が泣きながら語るもの。「Troy」はホームレスながら任天堂好きの青年が寄付を求めて歩き続けるというもの。「Sunny」は可愛い息子がよくない人たちと付き合うようになってしまった、という話です。

任天堂オブカナダは「TOO MUCH FUN(面白すぎる)」というキャンペーンを行っていてhttp://www.toomuchfun.ca/というサイトもあります。TOO MUCH FUNを撲滅する為に設立されたMOFS省という設定で、「みんなの唯一の敵はNintendoだ」、「こんなゲームは絶対にやってはいけない(プライム2、バイオ、DSほか)」、など凝った作りで中々面白いです。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 9割がお蔵入りする個人制作ゲーム、完成させる秘訣は - IGDA日本SIG-Indie研究会レポート

    9割がお蔵入りする個人制作ゲーム、完成させる秘訣は - IGDA日本SIG-Indie研究会レポート

  2. 『シェンムー』聖地巡礼ガイドマップを制作した横須賀市にインタビュー! 担当者ふたりの情熱がファン垂涎のアイテムを作り上げた【特集】

    『シェンムー』聖地巡礼ガイドマップを制作した横須賀市にインタビュー! 担当者ふたりの情熱がファン垂涎のアイテムを作り上げた【特集】

  3. インターネットから自由が消える……法学者 白田秀彰氏インタビュー

    インターネットから自由が消える……法学者 白田秀彰氏インタビュー

  4. 『マインクラフト』生みの親、VRとボクセルアートを組み合わせた「Unmandelboxing」を発表

  5. 【吉田輝和のVR絵日記】トリコにまたがれ! 気分はネバーエンディング『人喰いの大鷲トリコ VR Demo』

  6. 活発な技術交換が行われる組織づくり…技術部マネージャーとして『FGO』のインフラを支える”攻めのSREエンジニア” 甲氏に訊く

  7. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  8. 【レトロゲーム事情】第1回 電気用品安全法(PSE法)について

  9. 2019年1月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!【年末年始特集】

  10. ギズモード、コタクなどを運営するGawker Mediaが破産申請、プライバシー侵害で150億円の訴訟

アクセスランキングをもっと見る