人生にゲームをプラスするメディア

ドルビーラボラトリーズがオープニングトレイラーを策定

ドルビーラボラトリーズは同社の音響技術、ドルビーデジタル・ドルビープロロジックIIを採用したゲームのオープニングに挿入されるトレイラーを策定したと発表しました。トレイラーは『スパイダーマン2』や『ミッションインポッシブル』でムービーを手掛けたImaginary Forcesが製作しました。国内向けのタイトルでも利用されるかどうか発表はありませんが、恐らく使われることになるのではないかと思われます。

ゲームビジネス その他
ドルビーラボラトリーズは同社の音響技術、ドルビーデジタル・ドルビープロロジックIIを採用したゲームのオープニングに挿入されるトレイラーを策定したと発表しました。トレイラーは『スパイダーマン2』や『ミッションインポッシブル』でムービーを手掛けたImaginary Forcesが製作しました。国内向けのタイトルでも利用されるかどうか発表はありませんが、恐らく使われることになるのではないかと思われます。

これまでに発売されたタイトルでもドルビーの技術を採用したゲームではオープニングでドルビーのロゴが挿入されていましたが、今後は動きのあるものに差し替えられることになります。タイトルは「アルゴン(Argon)」と付けられたそうです。

「ドルビーサラウンド技術はゲームプレイに革命をもたらしています。このトレイラーはゲーム開発者が最良のゲーム体験をもたらす為にコミットしていることを容易にユーザーに示すことができるようにするでしょう」とドルビーラボラトリーズのゲーム部門マネージャーのJack Buser氏はコメントしています。

このトレイラーはIGNで見る事ができます。
《土本学》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. Supercell「当初から話し合いを行っていた」との主張にグリーが反論―特許紛争の声明に追記

    Supercell「当初から話し合いを行っていた」との主張にグリーが反論―特許紛争の声明に追記

  2. 任天堂、コロプラとの『白猫プロジェクト』を巡る訴訟で請求額引き上げ―49.5億から96.99億に増額

    任天堂、コロプラとの『白猫プロジェクト』を巡る訴訟で請求額引き上げ―49.5億から96.99億に増額

  3. 改善を繰り返してクソゲーを良作に!オーストラリアのハーフブリックの実例

    改善を繰り返してクソゲーを良作に!オーストラリアのハーフブリックの実例

  4. 【GTMF2013】ヤマハによるアミューズメント向け次世代 GPU と開発環境

  5. 史上初のオリンピック公式ライセンスe-Sportsイベント「オリンピックバーチャルシリーズ」開催―『パワプロ』『グランツーリスモ』などが競技に選出

  6. イスラーム法とゲームの関係―IGDA日本SIG-Glocalization

  7. 【レポート】進化を続けるLive2Dの現状と未来…「2Dと3Dのいいとこ取りを目指す」

  8. 日本初(?)のUnreal Engine 4を使ったモバイルゲームをたった一人で開発 『ダンジョン&バーグラー』のヒストリアを直撃

  9. 「攻殻機動隊」VRアプリが配信スタート サイバー感溢れる映像が360度で展開

  10. 【オールゲームニッポン】日本は世界でも稀有な母系社会(第12回)

アクセスランキングをもっと見る