人生にゲームをプラスするメディア

日本製コンテンツに「メード・イン・ジャパン」マーク

コンテンツ海外流通促進機構が違法コピーの摘発を迅速に行うため共通の「メード・イン・ジャパン」を策定することになりました。これまでの摘発では個々の商品の確認作業が必要だった為に時間がかかりましたが、今後は統一マークの商標権で摘発していくそうです。

ゲームビジネス その他
コンテンツ海外流通促進機構が違法コピーの摘発を迅速に行うため共通の「メード・イン・ジャパン」を策定することになりました。これまでの摘発では個々の商品の確認作業が必要だった為に時間がかかりましたが、今後は統一マークの商標権で摘発していくそうです。

コンテンツ海外流通促進機構は外における海賊版対策を講じていくための民間組織経済産業省と文化庁の呼びかけで設立された組織で、コンピュータエンターテイメント協会、日本レコード協会など17団体と、任天堂、ソニー・コンピュータエンタテインメント、コナミなど21企業が加盟しています。

この統一マークは日本とアジア各国の特許庁に「団体商標権」を登録し、各社の商品に貼り付けて一目で正規品と海賊版を区別できるようにするそうです。登場は8月からです。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 2020年4月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

    2020年4月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  2. 『妖怪ウォッチ』の北米戦略とは―LEVEL-5 abby Inc.担当者インタビュー

    『妖怪ウォッチ』の北米戦略とは―LEVEL-5 abby Inc.担当者インタビュー

  3. 今週発売の新作ゲーム『バイオハザード RE:3』『メモリーズオフ -Innocent Fille-』『プリズンプリンセス』他

    今週発売の新作ゲーム『バイオハザード RE:3』『メモリーズオフ -Innocent Fille-』『プリズンプリンセス』他

  4. さよならハドソン、過去の名作をCMで振り返る

  5. ゲーム開発のマイルストーン社長が逮捕、金融商品取引法違反

  6. ディンゴの従業員は全員解雇、未払賃金立替払を申請中

  7. ソニー、平成26年3月期 第3四半期決算を発表 ― ゲーム分野はPlayStation 4の貢献により増収

  8. 【CEDEC 2014】データの見方を間違えて失敗した5つの例・・・DeNAの分析担当者が語る

  9. 【ブルーオデッセイ徹底攻略】スムーズなクエスト受領が、キャラクター育成の秘訣!(第5回)

  10. 自社開発力を強化、UDKにPerforceが同梱・・・「Unreal Japan News」第52回

アクセスランキングをもっと見る