人生にゲームをプラスするメディア

日本製コンテンツに「メード・イン・ジャパン」マーク

ゲームビジネス その他

コンテンツ海外流通促進機構が違法コピーの摘発を迅速に行うため共通の「メード・イン・ジャパン」を策定することになりました。これまでの摘発では個々の商品の確認作業が必要だった為に時間がかかりましたが、今後は統一マークの商標権で摘発していくそうです。

コンテンツ海外流通促進機構は外における海賊版対策を講じていくための民間組織経済産業省と文化庁の呼びかけで設立された組織で、コンピュータエンターテイメント協会、日本レコード協会など17団体と、任天堂、ソニー・コンピュータエンタテインメント、コナミなど21企業が加盟しています。

この統一マークは日本とアジア各国の特許庁に「団体商標権」を登録し、各社の商品に貼り付けて一目で正規品と海賊版を区別できるようにするそうです。登場は8月からです。
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【NDC2017】『HIT』のグローバルでの成長方法―各国の売上や人気キャラも明らかに

    【NDC2017】『HIT』のグローバルでの成長方法―各国の売上や人気キャラも明らかに

  2. 「TOKYO SANDBOX 2017」にて、角川ゲームス/安田善巳氏の登壇が決定

    「TOKYO SANDBOX 2017」にて、角川ゲームス/安田善巳氏の登壇が決定

  3. 【NDC17】Amazon Game Studiosシニアプロデューサーが語る、『Breakaway』10の改善点とは?

    【NDC17】Amazon Game Studiosシニアプロデューサーが語る、『Breakaway』10の改善点とは?

  4. 「A 5th of BitSummit」にゲームフリーク開発者ら登壇!公式サイトもリニューアルオープン

  5. 県とプログラミング言語が一体となって盛り上がる!島根県とRuby【オールゲームニッポン】

  6. 株式会社ディンゴが倒産、編集部でも確認―代表作は『フォトカノ』『初音ミク -Project DIVA-』

  7. アジアオリンピック評議会が「e-Sports」を競技種目に―2018年「アジア競技大会」から本格デモ導入

  8. 2016年米国ゲーム市場の74%が「ダウンロード購入」―ESA報告

  9. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  10. 【e-Sportsの裏側:番外編】日清食品『日清のとんがらし麺』とe-Sportsの意外な共通点とは?―日清食品株式会社マーケティング担当者インタビュー

アクセスランキングをもっと見る