人生にゲームをプラスするメディア

日本製コンテンツに「メード・イン・ジャパン」マーク

コンテンツ海外流通促進機構が違法コピーの摘発を迅速に行うため共通の「メード・イン・ジャパン」を策定することになりました。これまでの摘発では個々の商品の確認作業が必要だった為に時間がかかりましたが、今後は統一マークの商標権で摘発していくそうです。

ゲームビジネス その他
コンテンツ海外流通促進機構が違法コピーの摘発を迅速に行うため共通の「メード・イン・ジャパン」を策定することになりました。これまでの摘発では個々の商品の確認作業が必要だった為に時間がかかりましたが、今後は統一マークの商標権で摘発していくそうです。

コンテンツ海外流通促進機構は外における海賊版対策を講じていくための民間組織経済産業省と文化庁の呼びかけで設立された組織で、コンピュータエンターテイメント協会、日本レコード協会など17団体と、任天堂、ソニー・コンピュータエンタテインメント、コナミなど21企業が加盟しています。

この統一マークは日本とアジア各国の特許庁に「団体商標権」を登録し、各社の商品に貼り付けて一目で正規品と海賊版を区別できるようにするそうです。登場は8月からです。
《土本学》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 9割がお蔵入りする個人制作ゲーム、完成させる秘訣は - IGDA日本SIG-Indie研究会レポート

    9割がお蔵入りする個人制作ゲーム、完成させる秘訣は - IGDA日本SIG-Indie研究会レポート

  2. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

    「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  3. 【TGS 2014】スマホゲームを遊んでプレイ動画を投稿! タレントの鈴木奈々さんも参戦したCyberZブースレポート

    【TGS 2014】スマホゲームを遊んでプレイ動画を投稿! タレントの鈴木奈々さんも参戦したCyberZブースレポート

  4. ドイツ警察がPS3ハッカーを家宅捜索、ソニーは海賊対策の専門家を急募

  5. テイクツー森田卓宏マネージャーが語る日本市場展開

  6. 【GDC 2013 報告会】ハードルは高くない!GDC旅行記2013・・・中林寿文氏

  7. 「コ・フェスタ フォーラム in TGS2007」の開催概要が決定!

  8. 【東京ゲームショウ2013】『ファントムブレイカー』『Constant C』他、5pb.タイトル・物販の出展情報 が公開

  9. ネプロジャパン、トライエース子会社を完了 ― 2つのメーカーを有したゲーム事業の成長戦略を発表

  10. 今週発売の新作ゲーム『ソウルキャリバーVI』『END OF ETERNITY 4K/HD EDITION』『DARK SOULS REMASTERED』『無双OROCHI3』他

アクセスランキングをもっと見る