人生にゲームをプラスするメディア

岩田聡インタビュー/更にコラボレーション推進

財団法人 国際経済交流財団の発行する海外向け雑誌「Japan SPOTLIGHT」の最新号に任天堂の岩田聡社長へのインタビューが掲載されています。現在公表されているもの以外にも共同開発で交渉を進めているデベロッパーがあるようです。

任天堂 ゲームキューブ
財団法人 国際経済交流財団の発行する海外向け雑誌「Japan SPOTLIGHT」の最新号に任天堂の岩田聡社長へのインタビューが掲載されています。現在公表されているもの以外にも共同開発で交渉を進めているデベロッパーがあるようです。

・2003年の上半期は任天堂にとって困難な時期であったが、ホリデーシーズンには売上は回復することができた
・ソニーのPSXは「ゲーム機ではなく家電」
・「私達は危機的状況に面しており、もし向かう方向を変えなければゲームユーザーの数は減少していくだろう。私達は違う年齢グループを対象としたゲームも発売していく。『ドンキーコンガ』のようなゲームは3歳児でも遊べるもの」
・「ゲームソフトは子供も大人もどちらかのみを対象としてはならない。そうしない代わりに私達は誰でも直ぐに理解できるゲームを作る。同時に大人でも容易に受け入れられるゲームは研究する価値がある」
・岩田氏はソニーの『みんゴル』のオンラインの売れ行きがこれまでの作品と比べて大幅に減少したことについて「ユーザーがオンラインゲームを望んでいない証拠。現時点では大部分のユーザーはインターネット接続の為に余計なお金を払いたいと考えてないし、インターネットへの敷居はまだ高い」とコメント
・岩田氏は幾つかのゲームで開発コストが回収できないポイントまで急上昇しているとコメント
・公表されているもの以外にもサードパーティとの共同開発タイトルがあるとコメント。「私達は日本の企業のみでなく海外の企業とも共同開発を進めていくつもりです。私達は現在欧米のメジャーなデベロッパーとの交渉を進めており、順調にいけば年末までに契約を締結できると思う」
・バンダイについて「緊密な関係は両者にとって利益をもたらすでしょう、また何か興味深いもので共同作業ができればそれは素晴らしいものになるでしょう」
《土本学》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『ポケモン スカーレット・バイオレット』で話題の「ナンジャモ」は、もしかして「ボタン」!? ぼくっ娘、男の娘、バーチャルなど様々な説が飛び交う

    『ポケモン スカーレット・バイオレット』で話題の「ナンジャモ」は、もしかして「ボタン」!? ぼくっ娘、男の娘、バーチャルなど様々な説が飛び交う

  2. 『ポケモンHOME』の使い方を解説!スイッチ版・スマホ版の基本設定から『ポケモンバンク』の移動方法も

    『ポケモンHOME』の使い方を解説!スイッチ版・スマホ版の基本設定から『ポケモンバンク』の移動方法も

  3. 任天堂 21年3月期決算、純利益が前期比85%増の4,803億円に─スイッチ本体の累計台数は8,100万台、国内だけでも2,000万台超え! 同社の当期ミリオンソフトは22本

    任天堂 21年3月期決算、純利益が前期比85%増の4,803億円に─スイッチ本体の累計台数は8,100万台、国内だけでも2,000万台超え! 同社の当期ミリオンソフトは22本

  4. 『ダイパ』や『あつ森』は要注意!? 2台目スイッチ、遊び方やセーブ管理の注意すべきポイント

  5. 『モンハンライズ』の新スキル「鬼火纏」って何?驚くべき強さの秘密や注意点まで徹底解説

  6. 話題のテレワークって『あつまれ どうぶつの森』でも出来るんじゃない?編集部が実験して見えてきたメリット&デメリット

  7. 【特集】『とびだせ どうぶつの森』懐かしき思い出10選!スマホ版の前に『とびだせ』を振り返ろう

  8. 『スプラトゥーン2』タコamiiboがおすすめすぎる6つの理由 ─ 今は空前のひれおブーム!

  9. 『ポケモン』野球ファン必見!独特な投球フォームの元ネタ3選

  10. どっちを買う?『ポケモン スカーレット・バイオレット』購入予定のバージョンを教えて!【アンケート】

アクセスランキングをもっと見る