人生にゲームをプラスするメディア

岩田聡インタビュー/更にコラボレーション推進

財団法人 国際経済交流財団の発行する海外向け雑誌「Japan SPOTLIGHT」の最新号に任天堂の岩田聡社長へのインタビューが掲載されています。現在公表されているもの以外にも共同開発で交渉を進めているデベロッパーがあるようです。

任天堂 GC
財団法人 国際経済交流財団の発行する海外向け雑誌「Japan SPOTLIGHT」の最新号に任天堂の岩田聡社長へのインタビューが掲載されています。現在公表されているもの以外にも共同開発で交渉を進めているデベロッパーがあるようです。

・2003年の上半期は任天堂にとって困難な時期であったが、ホリデーシーズンには売上は回復することができた
・ソニーのPSXは「ゲーム機ではなく家電」
・「私達は危機的状況に面しており、もし向かう方向を変えなければゲームユーザーの数は減少していくだろう。私達は違う年齢グループを対象としたゲームも発売していく。『ドンキーコンガ』のようなゲームは3歳児でも遊べるもの」
・「ゲームソフトは子供も大人もどちらかのみを対象としてはならない。そうしない代わりに私達は誰でも直ぐに理解できるゲームを作る。同時に大人でも容易に受け入れられるゲームは研究する価値がある」
・岩田氏はソニーの『みんゴル』のオンラインの売れ行きがこれまでの作品と比べて大幅に減少したことについて「ユーザーがオンラインゲームを望んでいない証拠。現時点では大部分のユーザーはインターネット接続の為に余計なお金を払いたいと考えてないし、インターネットへの敷居はまだ高い」とコメント
・岩田氏は幾つかのゲームで開発コストが回収できないポイントまで急上昇しているとコメント
・公表されているもの以外にもサードパーティとの共同開発タイトルがあるとコメント。「私達は日本の企業のみでなく海外の企業とも共同開発を進めていくつもりです。私達は現在欧米のメジャーなデベロッパーとの交渉を進めており、順調にいけば年末までに契約を締結できると思う」
・バンダイについて「緊密な関係は両者にとって利益をもたらすでしょう、また何か興味深いもので共同作業ができればそれは素晴らしいものになるでしょう」
《土本学》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. “ナルガライト”は決して万能ではない!『モンハンライズ』で貫通ライトボウガンを使いこなすための正しい知識と注意点

    “ナルガライト”は決して万能ではない!『モンハンライズ』で貫通ライトボウガンを使いこなすための正しい知識と注意点

  2. 「オロミドロ」尻尾の音は“セロリ”を折って表現!?関西のTV番組にて『モンハンライズ』効果音の秘密が明らかに

    「オロミドロ」尻尾の音は“セロリ”を折って表現!?関西のTV番組にて『モンハンライズ』効果音の秘密が明らかに

  3. 『Apex Legends』原因不明のアカウントBANが多発―公式発表はなく、インフルエンサーが注意を呼びかける事態に【UPDATE】

    『Apex Legends』原因不明のアカウントBANが多発―公式発表はなく、インフルエンサーが注意を呼びかける事態に【UPDATE】

  4. 『モンハンライズ』Ver2.0で熱い強力スキル5選―新たな防具や装飾品の登場で状況が激変、理想のスキル構成を目指せ

  5. 『モンハンライズ』「花結」は定期的に見直してる?Ver2.0から登場したレア7は汎用性抜群、ただし状況によってはレア6が光る場面も

  6. ヨコオタロウ氏が『モンハンライズ』のストーリーを妄想!次々と“退場”するメインキャラ、滅びる里―このモンハンに救いはない…

  7. 『モンハンライズ』知ると楽しい「マカ錬金」&「護石」のススメーまだ見ぬ“神おま”を探しに行こう!

  8. スイッチ2021年4月 月間DLランキング公開―『モンハン』『ポケモンスナップ』に並び異色の『スーパー野田ゲーPARTY』もランクイン

  9. 『モンハンライズ』スラッシュアックスの操作方法・立ち回りを解説!2つのモードで切り替えて高火力を維持せよ【個別武器紹介】

  10. 『ドライブバイ』インサイドちゃんvsげむすぱ編集部、勝ったのはどっち?―カオス過ぎるレースゲー対決の模様をレポート

アクセスランキングをもっと見る