人生にゲームをプラスするメディア

ソニックチーム・中氏がニンテンドー・ディーエスについてコメント

任天堂 DS

Kikizo Gamesにソニックチームの中社長へのインタビューが掲載されています。ニンテンドー・ディーエスやPSPに関する話が中心です。セガはDSには『ソニック』と『Project Rub』というゲームを開発中のようです。

――ニンテンドー・ディーエスやPSPの特色をどう利用しようと考えますか

私達は『ソニック』をDSに、『ぷよぷよ』をPSPに発売する予定です。もちろん両ハードは長所や強い部分がありますから、それらを活かすのはとても大事だと思います。

――同じゲームを様々なプラットフォームで発売するのを止めようと思いますか、言い換えれば『ソニック』はそれぞれのハードの特色を活かしたものになるでしょうか?もしそうなら、どんな風に2画面を活かすつもりでしょうか

もちろん、各タイトルはそれぞれのハードに合った物にするつもりです。Eye Toyも同様です(『セガスーパースターズ』はソニックチームが開発)。私達はEye Toy、ニンテンドー・ディーエス、PSPの持つ新しい可能性について考えています。一方でしかし、様々なハードで発売するゲームも幾つかあるだろうと考えています。

私がニンテンドー・ディーエスのタッチパネルを体験する機会を与えられたとき、新しい印象を与えられました。他の開発者もプレゼンを受けたとき、同じように、新作に使えるDSの新しい可能性について考えさせられたのではないかと思います。この新しいデバイスはソニックに使える沢山の新しい可能性を秘めています。タッチパネルは様々な使い方があります、滑らす、触れる、叩くなどなど、ソニックに合いそうなのも沢山あります。

――ゲーム開発者としてニンテンドー・ディーエスとPSPのどちらの携帯ゲーム機に刺激されますか

ええ、もちろん両方です。ニンテンドー・ディーエスはタッチパネルがあり、両方のハードはワイヤレス通信を利用できます。これで、もっと多く友達と一緒に遊ぶ機会を得られるようになるのではないかと思います。

――「ソニックアドベンチャー」シリーズは完結しました。新しいシリーズの「ソニックヒーローズ」は継続しますか?それはどんな方向で

ええ、ソニックは間違いなくセガにとってメジャーなシリーズでキャラクターです。ですから、これからも創り続け、新しいゲームプレイの可能性を開くでしょう。
《土本学》

任天堂 アクセスランキング

  1. 【特集】『ゼルダの伝説 BotW』勇者のためのライフハック!冒険がちょっと楽しくなる6項目

    【特集】『ゼルダの伝説 BotW』勇者のためのライフハック!冒険がちょっと楽しくなる6項目

  2. 「マイニンテンドーストア」のカスタマイズスイッチ本体、次は4月28日以降に注文受付が再開

    「マイニンテンドーストア」のカスタマイズスイッチ本体、次は4月28日以降に注文受付が再開

  3. 【Wii U DL販売ランキング】『マリオカート8』3位浮上、新作DLソフト『ドットアーティスト』ランクインほか(4/24)

    【Wii U DL販売ランキング】『マリオカート8』3位浮上、新作DLソフト『ドットアーティスト』ランクインほか(4/24)

  4. 今週発売の新作ゲーム『マリオカート8 デラックス』『Outlast 2』『WAR THUNDER』『リトルナイトメア』『ねこあつめ』他

  5. 『ドラクエXI』「スキルパネル」で自由な育成が楽しもう! 「ふっかつのじゅもん」に関する続報も

  6. 【レポート】『モンハン』の頂点を目指せ! まずは東京地区大会が開幕─「狩王決定戦」で驚きのタイムが! 『ストーリーズ』決勝戦ではまさかの“夫婦”対決に

  7. 『スプラトゥーン2』amiiboでもらえる制服や忍者ギアの情報が公開、前作の特別なギアも!

  8. 海外ミニファミコン版『ゼルダの伝説』たった1文字のタイプミスが30年越し修正

  9. スイッチ『スプラトゥーン2』デザインのイカしたアクセサリが多数登場!Joy-Conカバー・ポーチ・フロントカバー

  10. 3DS『ラジアントヒストリア パーフェクトクロノロジー』悲劇を改編せよ! 時間を移動し結末を変えるゲーム性に迫る

アクセスランキングをもっと見る