人生にゲームをプラスするメディア

中国での「任天堂」偽ブランドで初の有罪確定

PCPOPによれば、中国東莞市人民法廷で任天堂の偽造ブランドを製造した男らに対する有罪判決が下ったそうです。任天堂に関係するこの種の事件で有罪が確定したのは初めてで、5人の被告は最大3年6ヶ月の懲役と1〜100万元の罰金が科せられます。

ゲームビジネス その他
PCPOPによれば、中国東莞市人民法廷で任天堂の偽造ブランドを製造した男らに対する有罪判決が下ったそうです。任天堂に関係するこの種の事件で有罪が確定したのは初めてで、5人の被告は最大3年6ヶ月の懲役と1〜100万元の罰金が科せられます。

被告人の黄被告らは他人の名義でソフト開発会社を設立し、2002年10月から東莞市で「Nintendo」の商標を無断で使用したゲームソフトを製造していました。東莞市人民検察院は商標の無断使用の疑いで今年3月22日に東莞市人民法廷に起訴しました。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 活発な技術交換が行われる組織づくり…技術部マネージャーとして『FGO』のインフラを支える”攻めのSREエンジニア” 甲氏に訊く

    活発な技術交換が行われる組織づくり…技術部マネージャーとして『FGO』のインフラを支える”攻めのSREエンジニア” 甲氏に訊く

  2. VR環境のあらゆるデータを共通化させる「THE SEED ONLINE」が2019年2月中旬より提供開始!

    VR環境のあらゆるデータを共通化させる「THE SEED ONLINE」が2019年2月中旬より提供開始!

  3. 【インタビュー】インティ・クリエイツ社長が語るクラウドファンディング開発…『Bloodstained』の今後も

    【インタビュー】インティ・クリエイツ社長が語るクラウドファンディング開発…『Bloodstained』の今後も

  4. 【CEDEC 2014】バンダイナムコGameJam運営チームによる人材育成と産学連携への挑戦

  5. ニンテンドースイッチのコンテンツを支えるアカマイ「Miitomoの配信サポートで信頼性の高さが証明された」

  6. 今週発売の新作ゲーム『ACE COMBAT 7: SKIES UNKNOWN』『Travis Strikes Again: No More Heroes』『鬼武者』他

  7. 62インチで対戦ゲームを!?―「iWear AV920-C」登場

  8. WORLD CLUB Champion Football を支える5つのAI −DiGRA JAPAN5月公開講座

  9. ディライトワークス、「FGOスタジオ」を含む6つの制作部門を新設─塩川氏は第1制作部を指揮

  10. 【CEDEC 2014】Cocos2d-xかUnityか・・・よりよい2Dゲーム開発のためのゲームエンジン選びと対策

アクセスランキングをもっと見る