人生にゲームをプラスするメディア

EAが『ニード・フォー・スピード アンダーグラウンド 2』をお披露目

エレクトロニック・アーツはレッドウッドショアーズにある本社でメディアに人気レースシリーズ最新作『ニード・フォー・スピード アンダーグラウンド 2』をお披露目したそうです。エグゼクティブプロデューサーのChuck Osieja氏が「単に1.5だけバージョンアップした作品ではない」と述べたように、最新作は自分のマシンのエンジン操作が可能となったり、オンラインに対応したりと様々なチャレンジをした作品になります。

任天堂 GC
エレクトロニック・アーツはレッドウッドショアーズにある本社でメディアに人気レースシリーズ最新作『ニード・フォー・スピード アンダーグラウンド 2』をお披露目したそうです。エグゼクティブプロデューサーのChuck Osieja氏が「単に1.5だけバージョンアップした作品ではない」と述べたように、最新作は自分のマシンのエンジン操作が可能となったり、オンラインに対応したりと様々なチャレンジをした作品になります。

最新作ではロックスターの『Midnight Club』のようにレース空間をストリーム式に繋ぐ事によって5つの巨大都市から成る200kmにも登る広大な空間を走り回ることを可能にしました。前作では約40kmの空間内をレースしていたのを考えると大幅に広がった形です。そこでは自由に走り回る事が出来て、特定の地点に行くことでレースに参加したりできるそうです(SSX3スタイル?)。

プレイアブルではなかったようですが、Osieja氏がデモを実演して見せたそうです。街の端から端まで広大な空間を走ってもその間には繋ぎは一切無かったそうです。このシリーズの特長は夜間のレースで、これには多少の批判もあったようですが、今回もその特徴は堅持されるようです。Osieja氏はリアルさはゲームの重要な要素だとして例えば衝突の様子など大幅に改良されている事を述べました。

レース空間が大幅に広がった事で多少のアドベンチャー要素が加えられたそうです。コース中にはプレイヤーが保有の資金でパーツなどを買い求める事が出来るショップがあるそうです。

詳細は明かされませんでしたが、オンラインはゲームキューブを含む全ての機種で楽しめるようです。続報に期待しましょう。

ゲームはEAのブラックボックス・スタジオにて昨年7月から開発が進められていて米国で今年11月に発売されるそうです。前作は国内でも発売されました、今作も是非とも期待したいですね。

スクリーンショット
《土本学》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『ポケモンユナイト』アプデで「プクリン」が超強化!今、勝ちたいならこのポケモンを使え

    『ポケモンユナイト』アプデで「プクリン」が超強化!今、勝ちたいならこのポケモンを使え

  2. 『モンハンライズ』こんなカッコ良い「ビシュテンゴ」も見てみたかった?公式インスタのラフ画に注目

    『モンハンライズ』こんなカッコ良い「ビシュテンゴ」も見てみたかった?公式インスタのラフ画に注目

  3. ゲンガー使いは要注意!『ポケモンユナイト』にて技「たたりめ」の攻撃判定が消失する不具合が発生中

    ゲンガー使いは要注意!『ポケモンユナイト』にて技「たたりめ」の攻撃判定が消失する不具合が発生中

  4. 『モンハンライズ』に登場して欲しいモンスターは?ミラボレアス、イビルジョーを抑えたのは“和風”なアイツ

  5. 『ポケモンユナイト』計12ポケモンにバランス調整―強力な“たたりめゲンガー”もナーフ

  6. 『白猫プロジェクト』を巡る任天堂・コロプラ訴訟に決着―和解金33億円で訴え取り下げ

  7. 『ポケモンユナイト』カビゴンはディフェンス型の入門に最適!初心者でも使いやすいチームの“大黒柱”

  8. 『ポケモンユナイト』意外と差が出る「ゴール」の豆知識!土壇場で勝てるシュート技術を身につけよう

  9. 『ポケモンユナイト』サンダーが倒されたらどうすべき? 正念場で勝利を掴む3つのテクニック

  10. 『あつまれ どうぶつの森』フータに「さかなクン」が鋭い指摘! 魚知識の豊富さで人気動画が再注目

アクセスランキングをもっと見る