人生にゲームをプラスするメディア

スクウェア・エニックス、DSに未公開タイトルも数本企画中

任天堂 DS

スクウェア・エニックスは2004年3月期決算説明会を開催しました。2004年3月期決算は売上高632億200万円、営業利益193億9800万円、経常利益182億4800万円、純利益109億9300万円となりました。

その席で同社の和田社長は、ニンテンドー・ディーエスについて従来とは全く違う仕掛けがあるハードと評価した上で、同発タイトルを用意したいとの意思を表明しました。また、「発表しているソフト以外にも、数タイトルの企画を始めようと思っています」と話したそうです。

スクウェア・エニックスは既に『半熟英雄』、『ファイナルファンタジークリスタルクロニクル シリーズ』、『ドラゴンクエストモンスターズ シリーズ』を発表しており、『半熟英雄』はE3でプレイアブルでした。続報に期待したいです。

役員人事ではエニックス創業者で代表取締役会長を務めていた福嶋康博氏が退任し名誉相談役に、河津秋敏氏が取締役に昇格する事が発表されました。
《土本学》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『スプラトゥーン2』と『スプラトゥーン』の違い10選

    『スプラトゥーン2』と『スプラトゥーン』の違い10選

  2. 【特集】“『スプラトゥーン2』あるある”10選、あなたはいくつ共感できる!?

    【特集】“『スプラトゥーン2』あるある”10選、あなたはいくつ共感できる!?

  3. 家族にしたいポケモン21選・後編!おいしい・ちょっと怖い・カッコいいポケモンたち

    家族にしたいポケモン21選・後編!おいしい・ちょっと怖い・カッコいいポケモンたち

  4. 【特集】『スーパーマリオ オデッセイ』小ネタ12選!知ればマリオの旅がもっと楽しくなる!?

  5. 『ゼノブレイド2』天の聖杯「ホムラ」が1/7スケールフィギュア化!

  6. 家族にしたいポケモン21選・前編!定番のポケモンから犬・猫系ポケモンも

  7. 『スプラトゥーン2』次回アプデでもう少しだけ強化して欲しいブキ8選(Ver.2.2.2時点)

  8. 『ゼノブレイド2』新要素「アドバンスドニューゲームモード」の詳細公開―強くてニューゲームとは一味違う?

  9. 任天堂、コントローラー訴訟で逆転勝利「特許侵害はなかった」

  10. 【特集】『スプラトゥーン2』地獄のバイト「サーモンラン」を生き残る8つの労働術

アクセスランキングをもっと見る