人生にゲームをプラスするメディア

元NOEのPedro Saanudo氏がEAに移籍

GameCube Europeによれば、元任天堂オブアメリカのダイレクト・マーケティング・マネージャーを務めていたPedro Saanudo氏がEAに移籍したそうです。役職はコンシューマー・リレーションシップ・マネージャー・コンサルティングです。

ゲームビジネス その他
GameCube Europeによれば、元任天堂オブアメリカのダイレクト・マーケティング・マネージャーを務めていたPedro Saanudo氏がEAに移籍したそうです。役職はコンシューマー・リレーションシップ・マネージャー・コンサルティングです。

Pedro Saanudo氏はnintendo-europe.comの担当で、Stars CatalogueやNintendo VIPの開発を担当した人でもあるそうです。

特に移籍の理由などは明かされていません。まあ海外の企業だと良くある事です。最近の定番突っ込みで、GC-Europeはレジーの仕業じゃないかと言ってますが、さすがにそんな事は無いだろうと思います(レジーについては後ほど紹介記事(?)を載せます)。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 2020年4月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

    2020年4月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  2. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

    「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  3. 【週間売上ランキング】 『マリオギャラクシー』は初週25万本(10月29日〜11月4日)

    【週間売上ランキング】 『マリオギャラクシー』は初週25万本(10月29日〜11月4日)

  4. 【GDC 2009】会場付近に謎のサイン・・・「Duke Nukem」が帰って来た!

  5. 【特集】VRで盛り上がるジョイポリス、だがセガは1994年にVRアトラクション「VR-1」を導入していた

  6. 任天堂がWHFの出展タイトルを明らかに

  7. 【プレイレポ】テスター希望者10万人超えのVRMMO『ソードアート・オンライン ザ・ビギニング』のヤバさにワクワクが止まらない

  8. スクウェア・エニックスHD、平成26年3月期 第3四半期決算を発表 ― 『新生FFXIV』が販売・運営共に順調

  9. シリコンスタジオ、高度なポストエフェクトを可能にしたミドルウェア「YEBIS 2」販売開始

  10. 【CEDEC 2014】データの見方を間違えて失敗した5つの例・・・DeNAの分析担当者が語る

アクセスランキングをもっと見る