人生にゲームをプラスするメディア

元NOEのPedro Saanudo氏がEAに移籍

ゲームビジネス その他

GameCube Europeによれば、元任天堂オブアメリカのダイレクト・マーケティング・マネージャーを務めていたPedro Saanudo氏がEAに移籍したそうです。役職はコンシューマー・リレーションシップ・マネージャー・コンサルティングです。

Pedro Saanudo氏はnintendo-europe.comの担当で、Stars CatalogueやNintendo VIPの開発を担当した人でもあるそうです。

特に移籍の理由などは明かされていません。まあ海外の企業だと良くある事です。最近の定番突っ込みで、GC-Europeはレジーの仕業じゃないかと言ってますが、さすがにそんな事は無いだろうと思います(レジーについては後ほど紹介記事(?)を載せます)。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 今週発売の新作ゲーム『ストリートファイターV アーケードエディション』『マリオ+ラビッツ キングダムバトル』『死印』他

    今週発売の新作ゲーム『ストリートファイターV アーケードエディション』『マリオ+ラビッツ キングダムバトル』『死印』他

  2. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

    「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  3. 【DEVELOPER'S TALK】据え置き機から携帯ゲーム機へ~追加要素満載でリメイクされた『ペルソナ3ポータブル』開発陣に聞く

    【DEVELOPER'S TALK】据え置き機から携帯ゲーム機へ~追加要素満載でリメイクされた『ペルソナ3ポータブル』開発陣に聞く

  4. 【インタビュー】KLabに訊くプロジェクト管理ツール「SHOTGUN」導入事例―管理業務の負担を半分に削減?!

  5. VRゲームと連動する電動回転椅子「Roto VR Chair」が開発者向けに出荷開始

  6. 【GTMF2013】ソニー・コンピュータエンタテインメントが紹介するPlayStation向け最新テクノロジー-PS4・AR・脈動検出・PlayViewなど

  7. 【CEDEC 2016】原作再現、フェイシャル誇張からフェチズムまで ─ これからの3Dアニメ表現について考える

  8. 【レポート】進化を続けるLive2Dの現状と未来…「2Dと3Dのいいとこ取りを目指す」

  9. 【CEDEC 2014】『俺屍2』を象徴付ける和風テイストの「木版画3Dグラフィック」

  10. 【特集】今のゲーム業界は人材不足、じゃ“就職できない人”はなぜいるの?HAL東京のゲーム学部に迫る

アクセスランキングをもっと見る