人生にゲームをプラスするメディア

小さな世界の大きな冒険『ゼルダの伝説〜ふしぎのぼうし』概要

『ゼルダの伝説〜ふしぎのぼうし(The Legend of Zelda: The Minish Cap)』の概要です。国内向けタイトルは発表されてませんが、ゲーム内容から商標登録されているこのサブタイトルになるのではないかと思われます。北米発売は2005年。開発はカプコンです。ワイヤレスアダプタ、GBA通信ケーブルに対応し、1〜4人用です。

任天堂 GBA
『ゼルダの伝説〜ふしぎのぼうし(The Legend of Zelda: The Minish Cap)』の概要です。国内向けタイトルは発表されてませんが、ゲーム内容から商標登録されているこのサブタイトルになるのではないかと思われます。北米発売は2005年。開発はカプコンです。ワイヤレスアダプタ、GBA通信ケーブルに対応し、1〜4人用です。

リンクが再びGBAで冒険を始めます。ハイラルの勇者はばらばらにされたKinstonesと呼ばれる遺物を探す為、「Minish Cap」という神秘的な帽子の力を利用してとーっても小さな世界の大きな冒険を始めます。

Kinstoneという魔法の遺物はばらばらにされて世界中に飛び散りました。見つけてくっつける事で謎を解き新しい秘密を開くことが出来ます。

リンクが不思議な帽子「Minish Cap」を見つけると彼は(絶滅の危機にある)Minishの人々と同じサイズまで小さくなる能力を得ます。リンクは小さな世界と元の世界を行き来しながら謎を解き、彼らを危険な目に合わせている脅威を取り除きます。

リンクはもちろん剣と縦を装備しています。アイテムとしてブーメランや弓そしてこれまでのシリーズには登場しなかったようなものも登場するそうです。
《土本学》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 「モンスターボールPlus」使ってみてどうだった?【読者アンケート】

    「モンスターボールPlus」使ってみてどうだった?【読者アンケート】

  2. 『スマブラSP』一番人気のファイターは“奇妙なアイツ”!1,164票から選ばれたTOP10を紹介【読者アンケート】

    『スマブラSP』一番人気のファイターは“奇妙なアイツ”!1,164票から選ばれたTOP10を紹介【読者アンケート】

  3. 『ポケモン ピカ・ブイ』は初代と比べてどのくらい進化した!?20年の歳月はここまで『ポケモン』をすごくした!

    『ポケモン ピカ・ブイ』は初代と比べてどのくらい進化した!?20年の歳月はここまで『ポケモン』をすごくした!

  4. スイッチ版『大乱闘スマッシュブラザーズ』に参戦したら嬉しいゲストキャラ10選

  5. 『スプラトゥーン2』でこんなことしていない?“味方にイカしてないと思われるやつ”6つの特徴

  6. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  7. 『スマブラSP』DLCで参戦してほしいファイターは誰?【読者アンケート】

  8. 『スマブラSP』は最高傑作になるか? 本作の気になる8つのポイント

  9. 「ニンテンドーeショップ新作入荷情報」3月10日号公開―『ゼルダの伝説 BotW』が売上首位記録!

  10. 『スプラトゥーン2』タコamiiboがおすすめすぎる6つの理由 ─ 今は空前のひれおブーム!

アクセスランキングをもっと見る