人生にゲームをプラスするメディア

小さな世界の大きな冒険『ゼルダの伝説〜ふしぎのぼうし』概要

『ゼルダの伝説〜ふしぎのぼうし(The Legend of Zelda: The Minish Cap)』の概要です。国内向けタイトルは発表されてませんが、ゲーム内容から商標登録されているこのサブタイトルになるのではないかと思われます。北米発売は2005年。開発はカプコンです。ワイヤレスアダプタ、GBA通信ケーブルに対応し、1〜4人用です。

任天堂 GBA
『ゼルダの伝説〜ふしぎのぼうし(The Legend of Zelda: The Minish Cap)』の概要です。国内向けタイトルは発表されてませんが、ゲーム内容から商標登録されているこのサブタイトルになるのではないかと思われます。北米発売は2005年。開発はカプコンです。ワイヤレスアダプタ、GBA通信ケーブルに対応し、1〜4人用です。

リンクが再びGBAで冒険を始めます。ハイラルの勇者はばらばらにされたKinstonesと呼ばれる遺物を探す為、「Minish Cap」という神秘的な帽子の力を利用してとーっても小さな世界の大きな冒険を始めます。

Kinstoneという魔法の遺物はばらばらにされて世界中に飛び散りました。見つけてくっつける事で謎を解き新しい秘密を開くことが出来ます。

リンクが不思議な帽子「Minish Cap」を見つけると彼は(絶滅の危機にある)Minishの人々と同じサイズまで小さくなる能力を得ます。リンクは小さな世界と元の世界を行き来しながら謎を解き、彼らを危険な目に合わせている脅威を取り除きます。

リンクはもちろん剣と縦を装備しています。アイテムとしてブーメランや弓そしてこれまでのシリーズには登場しなかったようなものも登場するそうです。
《土本学》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 元ドット職人が教える『あつまれ どうぶつの森』マイデザインお役立ちテクニック!描き方の初歩から独特な「なめらか補正」まで幅広く解説

    元ドット職人が教える『あつまれ どうぶつの森』マイデザインお役立ちテクニック!描き方の初歩から独特な「なめらか補正」まで幅広く解説

  2. 話題のテレワークって『あつまれ どうぶつの森』でも出来るんじゃない?編集部が実験して見えてきたメリット&デメリット

    話題のテレワークって『あつまれ どうぶつの森』でも出来るんじゃない?編集部が実験して見えてきたメリット&デメリット

  3. 『あつまれ どうぶつの森』島の名前アイデア50選!命名に迷っている人は要チェック

    『あつまれ どうぶつの森』島の名前アイデア50選!命名に迷っている人は要チェック

  4. 『あつまれ どうぶつの森』を親子や友達とプレイする方法は?必要な本体・ソフト数など、マルチプレイ周りの内容を解説!

  5. 『あつまれ どうぶつの森』これであなたもガーデナー!お花を極めるために知っておきたい情報ひとまとめ

  6. 『あつまれ どうぶつの森』マルチプレイをさらに楽しむ10のコツ! 準備しておけば一緒に遊ぶのがさらに楽しく

  7. 『あつまれ どうぶつの森』をはじめるにはどのスイッチを買えばいいの? パッケージ版・DL版それぞれのメリットや必要グッズなどをひとまとめ

  8. 『あつまれ どうぶつの森』シリーズ初心者必見!空飛ぶ風船や蜂・タランチュラの対処方法は?8つの細かな疑問にお答え

  9. 『あつまれ どうぶつの森』岩叩きから“ベルのなる木”までコイツにおまかせ!多彩な用途を誇る「スコップ」活用法7選

  10. 『あつまれ どうぶつの森』DIYレシピはどうやって手に入れるの? 初心者は要チェックな9つの方法

アクセスランキングをもっと見る