人生にゲームをプラスするメディア

アタリが業績発表、NDSは「強力にサポート」

一昨年まではインフォグラムスと知られていた大手パブリッシャー・アタリは初めての通期の業績発表を行いました。『エンター・ザ・マトリックス』の記録的なヒットで始まった一年でしたが余り振るいませんでした。2004年度の売上高は前年度の5億3420万ドルに対して4億6890万ドル、純益は僅かに66万ドルでした。

任天堂 DS
一昨年まではインフォグラムスと知られていた大手パブリッシャー・アタリは初めての通期の業績発表を行いました。『エンター・ザ・マトリックス』の記録的なヒットで始まった一年でしたが余り振るいませんでした。2004年度の売上高は前年度の5億3420万ドルに対して4億6890万ドル、純益は僅かに66万ドルでした。

3月31日で終わる2004年第1四半期の売上高は前年度の8470万ドルと比較して6640万ドル、内訳はパブリッシング部門が5100万ドル、ディストリビューション部門が1830万ドル、純損失は1730万ドルでした。この四半期で最も好調だったのはPC『アンリアルトーナメント2004』で40万本以上のヒットでした。

「2004年度は会社にとって進化の年でした。アタリの名前を冠して、会社史上最も売れた『エンター・ザ・マトリックス(全世界で500万本突破)』を発売し、2億ドル以上の資本の再構成を行いました」とアタリのCEOのBruno Bonnell氏は述べました。

この日の株式市場が終了した後、アタリはアナリスト向けのカンファレンスコールを開催しました。その中でBruno Bonnell氏はPSPに「同発タイトルを幾つか」用意している事を明らかにしました。更にニンテンドー・ディーエスも「強くサポートする」と明言しました。

アタリでは今年度は昨年度の75タイトルと比較して45タイトルと少数の精鋭タイトルで挑む方針であるそうです。その中には延期が続いている『Driver 3』や、「あと2タイトル分のライセンスがある」という『マトリックス』が含まれそうです。
《土本学》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 現代のプレイヤーにも目を向けた細やかな配慮を楽しんでほしい─スイッチで再始動した『SEGA AGES』仕掛け人に聞く【TGS 2018】

    現代のプレイヤーにも目を向けた細やかな配慮を楽しんでほしい─スイッチで再始動した『SEGA AGES』仕掛け人に聞く【TGS 2018】

  2. 「Nintendo Switch Online」はどんな人が入るべき?そのメリットとデメリットをチェックしよう

    「Nintendo Switch Online」はどんな人が入るべき?そのメリットとデメリットをチェックしよう

  3. 『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

    『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

  4. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  5. シリーズの原点“初期3作品”をセットにした『逆転裁判123 成歩堂セレクション』発売決定!全4機種によるマルチプラットフォームで展開

  6. 『スプラトゥーン2』フェス「つぶあん vs こしあん」はこしあん派のほうが多め!?【読者アンケート】

  7. 期待の新作対戦ロボACT『Synaptic Drive』試遊レポート―「『カスタムロボ』的な面白さを活かし発展させたい」【TGS2018】

  8. 任天堂なのにセクシーなゲームキャラ10選

  9. 『スプラトゥーン2』負けた時のストレスを軽減する8つの方法

  10. 任天堂のゲームのトラウマ10選 ─ 思い出すだけで恐怖が蘇る!?

アクセスランキングをもっと見る