人生にゲームをプラスするメディア

アタリが業績発表、NDSは「強力にサポート」

一昨年まではインフォグラムスと知られていた大手パブリッシャー・アタリは初めての通期の業績発表を行いました。『エンター・ザ・マトリックス』の記録的なヒットで始まった一年でしたが余り振るいませんでした。2004年度の売上高は前年度の5億3420万ドルに対して4億6890万ドル、純益は僅かに66万ドルでした。

任天堂 DS
一昨年まではインフォグラムスと知られていた大手パブリッシャー・アタリは初めての通期の業績発表を行いました。『エンター・ザ・マトリックス』の記録的なヒットで始まった一年でしたが余り振るいませんでした。2004年度の売上高は前年度の5億3420万ドルに対して4億6890万ドル、純益は僅かに66万ドルでした。

3月31日で終わる2004年第1四半期の売上高は前年度の8470万ドルと比較して6640万ドル、内訳はパブリッシング部門が5100万ドル、ディストリビューション部門が1830万ドル、純損失は1730万ドルでした。この四半期で最も好調だったのはPC『アンリアルトーナメント2004』で40万本以上のヒットでした。

「2004年度は会社にとって進化の年でした。アタリの名前を冠して、会社史上最も売れた『エンター・ザ・マトリックス(全世界で500万本突破)』を発売し、2億ドル以上の資本の再構成を行いました」とアタリのCEOのBruno Bonnell氏は述べました。

この日の株式市場が終了した後、アタリはアナリスト向けのカンファレンスコールを開催しました。その中でBruno Bonnell氏はPSPに「同発タイトルを幾つか」用意している事を明らかにしました。更にニンテンドー・ディーエスも「強くサポートする」と明言しました。

アタリでは今年度は昨年度の75タイトルと比較して45タイトルと少数の精鋭タイトルで挑む方針であるそうです。その中には延期が続いている『Driver 3』や、「あと2タイトル分のライセンスがある」という『マトリックス』が含まれそうです。
《土本学》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『スマブラSP』これさえ読めば超初心者も戦える!大乱闘の基本を5項目でチェック

    『スマブラSP』これさえ読めば超初心者も戦える!大乱闘の基本を5項目でチェック

  2. 『スプラトゥーン2』新ギア「メイン性能アップ」のヒミツを検証!発生する効果はなんと10種類

    『スプラトゥーン2』新ギア「メイン性能アップ」のヒミツを検証!発生する効果はなんと10種類

  3. 『スマブラSP』読者の「DLCで参戦してほしいファイター」1位は“かわいいアイツ”!【読者アンケート】

    『スマブラSP』読者の「DLCで参戦してほしいファイター」1位は“かわいいアイツ”!【読者アンケート】

  4. 『スマブラSP』一番人気のファイターは“奇妙なアイツ”!1,164票から選ばれたTOP10を紹介【読者アンケート】

  5. 『スマブラSP』DLCでの参戦を決めた「ジョーカー」の特別イラストが早速公開!

  6. 『スプラトゥーン2』でこんなことしていない?“味方にイカしてないと思われるやつ”6つの特徴

  7. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  8. スイッチ版『大乱闘スマッシュブラザーズ』に参戦したら嬉しいゲストキャラ10選

  9. 『スマブラSP』出典別で見る大乱闘!最も多く関連要素が登場している作品は?

  10. 『スマブラSP』オンライン対戦の仕様が明らかに!今作では「エンジョイ部屋」「ガチ部屋」などの区別を廃止

アクセスランキングをもっと見る