人生にゲームをプラスするメディア

新生シャイニングシリーズにキャメロットは関わらず

先日発表されたGBA『シャイニング・フォース 黒き竜の復活』・PS2『シャイニング・ティアーズ』・PS2『新シャイニング・フォース(仮)』ですがオリジナル版の開発元はキャメロットは関わってないそうです。

任天堂 GBA
先日発表されたGBA『シャイニング・フォース 黒き竜の復活』・PS2『シャイニング・ティアーズ』・PS2『新シャイニング・フォース(仮)』ですがオリジナル版の開発元はキャメロットは関わってないそうです。

コピーライトを見ると初代のリメイクとなるGBA『シャイニング・フォース 黒き竜の復活』とPS2『新シャイニング・フォース(仮)』はアミューズメントヴィジョンの開発のようです。

「旧作スタッフの一人として思いは複雑〜ってのが正直なとこですが、今後の動向は生暖かく見守って行きたいと思ってます。」とキャメロットのNews Flashには書かれていますが、暫く続報が聞こえない『マリオテニス』の方に期待したいですね。
《土本学》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

    『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

  2. SNK旧作導入、彩京参入、そして『イメージファイト』!――ハムスター、『アーケードアーカイブス』シリーズ新作を14+2タイトル発表【TGS2018】

    SNK旧作導入、彩京参入、そして『イメージファイト』!――ハムスター、『アーケードアーカイブス』シリーズ新作を14+2タイトル発表【TGS2018】

  3. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

    【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  4. 『スプラトゥーン2』「つぶあん vs こしあん」フェスで勝ったのは“こしあん”!

  5. スイッチ版『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S』正式発表―タイトルに付いた「S」は“しゃべる”の意味!?

  6. まだ遅くない!今から始める『スプラトゥーン2』初心者にオススメのブキ10選【特集】

  7. 『ぷよぷよeスポーツ』新たな切り口でファン拡大を目指す国民的パズルアクションの真意とは【TGS2018】

  8. 『海腹川背 Fresh!』マップは一つながりの巨大フィールドに! 遊びやすい進化と変わらぬ魅力のワイヤーアクションをいち早く体験【TGS2018】

  9. 『アーケードアーカイブス』シリーズ・ハムスターブースでは80~90年代の懐かしのタイトルがプレイ可能─多彩なステージイベントも【TGS2018】

  10. 【特集】『スプラトゥーン2』地獄のバイト「サーモンラン」を生き残る8つの労働術

アクセスランキングをもっと見る